最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]シスマの危機 小説フランス革命6

作者:佐藤賢一
レーベル:集英社文庫


 タイトル通り、フランス革命をえがくシリーズ第六巻。
 聖職者の立場を再定義する法律を巡って荒れに荒れ、教会分裂騒ぎまで起こる混沌とした政治状況に。無宗教の自分にはピンとこないところもありますが、身内が亡くなったときに葬式をあげられなくなるのは確かに困る、というのはわかります。
 次第に革命の精神がぐだぐだになっていこうとする中、一人どっしり地に足をつけて自らの信じる道に向かって独自のバランス感覚で奮闘していた巨魁・ミラボーが最期を迎えます。無念だったろうとは思いますが、これから起きる様々な出来事を考えると、それを見ずに逝けたのはある意味幸せだったのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 佐藤賢一 集英社文庫 フランス革命

[小説]エロマンガ先生8 和泉マサムネの休日

作者:伏見つかさ
イラスト:かんざきひろ
レーベル:電撃文庫
<hr>
 義理の兄妹にしてラノベ作家と新進気鋭のイラストレーターコンビ。だけど妹の方は筋金入りの引きこもり、なコメディシリーズ第8巻。
 過去回。ということになるのでしょうか。どう過ごせばいいのか分からなくなるくらいに久し振りの正宗の休み、という体裁ですが。お互いが今の自分に結び付く大きなきっかけと支えになっている、とかどんだけ運命の糸で結ばれているんですかこの二人。実にいい話でした。周囲の人たちも含めて。
 それだけに最後のあれは、ちょっと萎えました。いや、あの 流れだとそうなるのが自然とは思うし、ヒロインが高校を卒業したら、とか但し書きがつくのだろうし、まだ小さいときに家族を失っていて、それだけ切実に繋がりを求めている、ということなのかもしれませんが。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 伏見つかさ かんざきひろ エロマンガ先生

[小説]螺旋のエンペロイダー Spin.4

作者:上遠野浩平
イラスト:厳本英利
レーベル:電撃文庫
<hr>
 超常的な力をもつ奴らが、何かに怯え、何かに抗い、そこに世界の敵やら未来やら人類の進化やらが加わって良い意味で訳が分からない感じになっているシリーズのスピンオフ最終巻です。
 世界の命運に関わる出来事が、微笑ましい兄妹ゲンカという他愛もないものに収束し、解決するという展開、実に好みです。どちらもシリーズ中、最強格の力を手にしているので周囲への影響は甚大なわけですが。
 世界を裏から管理している存在、統和機構を創り上げた黒幕と黒幕の黒幕と黒幕の黒幕の黒幕がさらりと登場しますが、ものすごく複雑で壮大な話を、奇妙かつ滑稽に表現する作風はシリーズ最初の頃から色あせません。能力の種類についてはネタがきれつつあるようにも見えますが(衝撃波飛ばす人多過ぎ)、それでも面白かった!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 上遠野浩平 厳本英利 ブギーポップ

[小説]今日が最後の人類だとしても

作者:庵田定夏
イラスト:細居美恵子
レーベル:ファミ通文庫

 さすがにファンタジー世界ではプロレスネタは出せませんでしたか……。
 俺YOEEE系(?)異世界もの。厳密には数百年後の未来がこうなっている、という世界観ですが。
 何の取柄もない主人公が、落ちこぼれ生徒たちと悪戦苦闘しつつ大切な何かを見つけていく。いいハナシ要素満載ですし実際てんこ盛りなのですが、中盤までの主人公の言動が(後半に間違いに気づいて挽回することが予想出来ていても)あまりにも無責任&他力本願過ぎて、ある意味等身大ではあっても共感より不快感の方が先にきてしまいました。
 生徒たちと一緒に金○先生風味なドラマが展開されていくのか、無理難題を乗り越えて成り上がっていくのか、物騒なスイッチをもつ残り四人が深くかかわってくるのか。もう少し見守りたいと思います。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 庵田定夏 細居美恵子 今日が最後の人類だとしても

[小説]議会の迷走―小説フランス革命〈5〉

作者:佐藤賢一
レーベル:集英社文庫
<hr>
 バスティーユ監獄の一件から早一年。
 議論百出、頑迷な保守勢力やローマ教皇の横槍などでなかなか改革が進まないように見える中、ミラボーやタレーラン、ラ・ファイエットらがそれぞれの思惑で手をうっていきます。
 これからの混沌とした情勢の伏線ともいえる火種も垣間見え、まさに"溜め"の巻となっております。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 佐藤賢一 集英社文庫 フランス革命

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!