最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]蘇るスナイパー(上)

作者:スティーブン・ハンター
邦訳:公手成幸
レーベル:扶桑社ミステリー

 立て続けに四人が殺された狙撃殺人事件。犯人とされたのはシリーズ初期から名前だけは何度か出ていた名狙撃手、カール・ヒッチコック。彼は本当に犯人なのか?というミステリ仕立てで幕をあける本作。
 抜け目も容赦もないアメリカ的タフな男たちによる駆け引き・騙し合い殺し合いが今回も繰り広げられそうな予感!
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: スティーブン・ハンター 扶桑社ミステリー

[小説]黄昏の狙撃手(下)

作者:スティーブン・ハンター
邦訳:公手成幸
レーベル:扶桑社ミステリー

 カーレースの祭典の裏で明らかになる犯人たちの真の狙い。
 ガチガチの防弾装備をほどこした車両をも貫くトンデモ銃まで登場し、祭りの狂乱具合は急上昇していきます。
 いつも通り手に汗握る展開でしたが、今回は悪役が前座も黒幕もラスボスも小物過ぎて、途中から逆に可哀そうになってきました。
 結果論になってしまいますが、そもそも真相にはまだまだ遠いところにいたニッキに手を出さなければ、恐ろしいパパがやってくることもなかったろうに。まさに藪蛇。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: スティーブン・ハンター 扶桑社ミステリー

[小説]黄昏の狙撃手(上)

作者:スティーブン・ハンター
邦訳:公手成幸
レーベル:扶桑社ミステリー

 自動車レースで盛り上がる街の裏で進行する陰謀。今回は銃ではなく自動車での襲撃から幕をあけます。重体となった主人公・ボブの娘、ニッキ。警察はレースや酒・薬物でおかしくなった若者による犯行を主張しますが、周囲からは老人扱いされ始めた黄昏の狙撃手は、何が起こっているのかを自らの目で確かめようと、動き出します。
 上巻は祭りの前の前哨戦が行われるまで。ニッキが事故前に掴んだ情報は何か?過去シリーズからの因縁の一族も絡み、今回もワクワクさせられます。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: スティーブン・ハンター 扶桑社ミステリー

[小説]RoomNo.1301(11) 彼女はファンタスティック!

作者:新井輝
イラスト:さっち
レーベル:富士見ミステリー文庫

 完結! 最終巻にしてようやく訪れる、主人公の彼女・千夜子のターン!
 冴子との永遠のお別れ。更に綾とも。壊れかける主人公に、全てを受け入れつつ手を差し伸べる千夜子はもう、彼女とか嫁とか通り越して女神のようです。
 この物語は、ちょっと『普通』とは違う人たちが、傷つけ合い支え合いつつそれぞれにとっての大事なものを見つめ直していくお話なのだと思いますが、その中で千夜子と冴子は表裏一体のある種のジョーカー的存在だったように思えます。何だかんだいって惹き込まれた作品でした。ラストの姉との「二人目」だけは蛇足だったと思いますが。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 富士見ミステリー文庫 新井輝 さっち RoomNo.1301

[小説]RoomNo.1301(10) 管理人はシステマティック?

作者:新井輝
イラスト:さっち
レーベル:富士見ミステリー文庫

 あ、物語をたたみにきてるな、とハッキリ感じられる第十巻。最初から予感は漂っていましたが、いよいよそれぞれの旅立ち、同時に別れが訪れ始めます。その第一号は日奈。最後に加入した仲間が最初に出ていく。エピローグで主人公にもたらされる知らせからは、更なるお別れの予感が。
 どうせならヒロイン全員制覇を、と期待させつつ寸止めし続ける主人公にはもう少しハッスルしていただきたかったのですが、状況はそれどころではありません!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 富士見ミステリー文庫 新井輝 さっち RoomNo.1301

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!