最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[エッセイ]人間の大地

著者:サン・テグジュペリ
レーベル:光文社古典新訳文庫
<hr>
 第一次世界大戦後、飛行機が民間事業にも使われるようになり始めた、航空産業の黎明期に、空に挑んだ著者とその僚友たちの物語。
 大地を離れ、それが故に一層大地のもつ力に翻弄され、死と紙一重の状況に置かれ続けると、独特の価値観、人生観が芽生えてくるようです。これもある種の人間賛歌でしょうか。
 郵便事業と戦争、という違いはありますが、ロアルト・ダールの『飛行士たちの物語』に通じる雰囲気があります。空に生きる人たちだけがもつ、共通の感覚というものが、あるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: サン・テグジュペリ 光文社古典新訳文庫

[エッセイ]北京日記抄

著者:芥川竜之介
レーベル:青空文庫
<hr>
 芥川竜之介@北京。
 北京の名所を同行者とまわり、これは良い。これはダメだと枕草子の如く批評してまわる旅行記です。内容よりも、芥川竜之介が海外に行っていること、小説以外の著作があることに驚きました。ずっと日本に引きこもって小説ばかり書いていたイメージを勝手にもっておりました。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: エッセイ 芥川竜之介 青空文庫

[その他]こうすれば必ず人は動く

著者:D・カーネギー
邦訳:田中孝顕
発行:きこ書房
<hr>
 「人を動かす」などの啓蒙書の古典的著作で有名なD・カーネギーのラジオ番組を再現(?)した一冊。
 乱暴に要約するなら、「真心大事に」でしょうか。相手のために、自分は何が出来るのかを考え、提示する。
 言うのは簡単ですが、実践するのは断固とした意志が必要なように思えます。精進せねば。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: D・カーネギー

[歴史]「昭和」という国家

語り:司馬遼太郎
出版:NHK出版
<hr>
「私は聞いてみたいのです」
「アジア人のすべてから憎まれ、われわれの子孫までが小さくならなければいけないことをやっていながら、どれだけの儲けがありましたかと。どれだけ儲かるつもりでそれをなさいましたかと」
(中略)
「もし死者たちをよみがえらせて質問しても、たれ一人答えられないだろうと思います。」
「そういう計算は何もないのです」
<hr>
 このくだりが、司馬遼太郎が語りたいことの全てを語っているように思えました。
 晩年に入った司馬遼太郎へのインタビューという形式で語られる司馬遼太郎的「昭和(戦前)」論。

 歴史解説、というよりは一人の昭和を生きた人が感じた、"魔法をかけられたような"という他ない日本の迷走ぶりへの暗い怒り、無念、ぶつけられる先が明確にはどこにもないことへのもどかしさ。そういったものを訥々と吐露した一冊であると感じられました。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 歴史 司馬遼太郎 NHK出版

[歴史]「明治」という国家

語り:司馬遼太郎
出版:NHK出版
<hr>
 江戸から明治へ。
 受け継がれたものと失われたもの。日本の中で『国民』『国家』という概念が成立していく過程で、どのような運営が行われ、どのように価値観が変わっていったかをインタビュー形式で司馬遼太郎が語る一冊。
 良くも悪くも綱渡りと無茶を重ねて一つの国を作り上げてきた明治の姿が浮かび上がってきます。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 歴史 司馬遼太郎 NHK出版

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。