最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[同人誌]Pinup Girl

サークル:MATSUDASTYLE


サークル「MATSUDASTYLE」さんの「COMIC1☆5」新刊。
「COMIC1☆5」は5/1(日)に行われた同人誌即売会イベントです。
主にアメリカ系のちょっとセクシーな衣装に身を包んだ
少女のイラスト集。

セクシーといってもそんなにエロエロしておらず
健康的な色気、という言葉が当てはまるように思えます。
最近人気のアニメや漫画、ラノベとは少しだけ路線が違う衣装が
多く、ちょっとした新鮮さがありました。

満足。
スポンサーサイト

テーマ: コミケ・他同人誌イベント
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 イラスト MATSUDASTYLE MATSUDA98 Pinup_Girl

[同人誌]まど☆マギ☆わはー

サークル:うつらうららか


サークル「うつらうららか」さんの「COMIC1☆5」新刊。
COMIC1☆5」は5/1(日)に行われた同人誌即売会イベントです。
先日最終話が放送されたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の二次創作本。

爆笑でした!
表紙の涙目な眼鏡ほむらとドヤ顔QBからギャグものなのは
想像できたのですが、予想の斜め上をいくキレ!

原作10話の某シーンでまどかに惚れたほむらが
QBに振り回されながら少しでもまどかと仲良くなろうと奮闘するお話。
振り回されながらも要所要所ではしっかりQBをフルボッコにしている
眼鏡ほむらの逞しさが素敵でした。

満足。

テーマ: コミケ・他同人誌イベント
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 漫画 うつらうららか えれっと COMIC1☆5 魔法少女まどか☆マギカ まど☆マギ☆わはー

[同人誌]tabgraphicstraxx3

作者:かんざきひろ


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の原作挿絵、
アニメ版キャラデザを担当している他、ニコニコ動画や
トランスミュージック関係でも大活躍中な作者の
過去何年か分を収録した再録本です。

抱き合う一歩手前な表紙の初音ミク×2
(「Unfragment」と「The Endless Love」ver.)に一目惚れ。
どのイラストも清々しいまでのロリぷに具合です。
ネコ耳と初音ミクイラストの割合が多め。
そっち方面がお好きな方は是非是非。

私は通販で手に入れたため送料他いささか高くついてしまいましたが
それでもOK!と思える内容でした。満足。

テーマ: 感想
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 イラスト かんざきひろ

[同人誌]使ってなんぼ!

サークル:修羅場小屋


財布、お札、硬貨を擬人化したギャグ風味な作品です。
8月29日に行われたイベント「コミティア93」で手に入れました。

熱血肌な「マジックテープ式財布」、
おぼっちゃまな「パルムウォレット(牛革製な小さい財布?)」、
おっとりお嬢様な「がま口財布」、
犬猿の仲な「一円玉」と「五円玉」、
皮肉芸人キャラ(?)な「十円玉」、
ナルシストな「百円玉」、
しょっちゅう偽造されているせいで常に不機嫌な「五百円玉」、
やや卑屈で如才ない感じの「千円札」、
キャリアウーマン風な「五千円札」、
ホストっぽい「一万円札」、
そしてオチとして
「特徴皆無なイメージしか浮かばない」という理由で作者から
存在を抹消された「五十円玉」と
いらない子扱いが哀れすぎる「二千円札」。

どれも「ああ、確かにそんなイメージかも」と思わせられる
キャラ配置で、クスリと笑いながら一気に読ませていただきました。

後書きによれば元々は財布を擬人化したBL作品になる予定だったそうで。
ノーマルな財布・お札・硬貨擬人化本になって
本当に良かった、お陰でこの作品に出合えたと
手前勝手ながら密かに胸をなでおろしました。

楽しい漫画です!

テーマ: 漫画の感想
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 漫画 こねり~ 修羅場小屋 擬人化

[同人誌]Bookmark 1~3

サークル:lunatic joker


恋愛小説に挿んで100冊読み、
それを意中の人に渡すと恋が成就するという「ラブックマーク」。

そんな女子高生の間で広がっているという
おまじない(?)をきっかけにした少年と少女の交流を描く
少女漫画風な恋愛作品です。全3巻。

8月29日に行われた「コミティア93」というイベントで入手。

最初、3巻をちらりと読んだときの第一印象は正直な話、
「何このイケメン、うざい。」でした。

しかし、改めて1巻からちゃんと順に読んでいくと印象は一変。
女子高生の間で広まっているおまじないを
何故かイケメンなバスケ男子が実践しているというギャップ。
しかも無愛想を装いながらも意中の子相手の妄想で徹夜してしまったり
どう話していいか分からずオロオロしたりと、
どうやら「イケメン」ではなく、どちらかと言うと「オトメン」に
近い部類だとわかる頃にはすっかり作品世界にハマりこんでおりました。

ヒロインもまた魅力的。
ショートカットな見ようによっては活発にも見える雰囲気ですが、
100冊どころか300冊読み重ねてしまうくらいの
嫌みのない夢見る文学少女。

やっぱ恋愛モノは両想いなのにお互いの気持ちや距離を測りかねて
近づいたり離れたりを繰り返す過程が一番グッときます。

終盤のちょっと強引にも思える「お姫様だっこ」には
不覚にも噴き出してしまいましたが
それも含めてたっぷりと堪能させていただきました。
後書きで語られる漫画の魅力には激しく同意です。
(小説なんかも同様ですね)
ごちそうさまでした!!

テーマ: 漫画の感想
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 漫画 月神るな lunatic_joker

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!