最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[CD]world's end, girl's rondo

歌、作詞・作曲:分島花音
編曲:江口亮
レーベル:ワーナー・ホーム・ビデオ


 TVアニメ「selector spread WIXOSS」のOP主題歌。

 アニメ2クール目ということで後半戦の雰囲気が濃厚に伝わってくる、ちょっとダークで、且つのっけからアクセル全開なイントロ。そこからサビに向かって加速したり急ブレーキをかけたりと目まぐるしい展開に頭がクラクラしてきます。

 1クール目OP主題歌の「killy killy JOKER」も素敵でしたがこちらは更に素敵!
 アニメの雰囲気にもぴったり合っていて、OP主題歌に相応しい一曲です。
スポンサーサイト

テーマ: 音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 分島花音 江口亮 ワーナー・ホーム・ビデオ selector_spread_WIXOSS

[CD]Twilight Hour (アーシャのアトリエ ヴォーカルアルバム)

歌:野見山睦未、Rurutia、やなぎなぎ、紗也、妙、霜月はるか、中島優美、Annabel
作詞:柳川和樹、Rurutia、青木香苗、下田祐、中島優美
作編曲:柳川和樹、Rurutia、阿知波大輔、下田祐、中島優美
レーベル:ガスト


 PS3ゲームアーシャのアトリエ」の全ヴォーカル曲が収録されたアルバムです。
 全体を通して主人公であるアーシャとその妹、ニオの関係を歌った曲となっているように思えます。
 退廃的な中にも懸命さや力強さ、希望が見える雰囲気。

Tr.1 「花標」
 ゲームのテーマに最も忠実な曲。ノイズ交じりのオルゴールから素朴なコーラスと伴奏に乗せて始まります。
 自分の中では主人公アーシャのテーマ曲。「約束がはじまる」に全てが集約されております。

Tr.2 「Mystic Pendulum」
 ゲーム中に何度も登場する異界の"花"。それを象徴するかのような曲。
 神秘的なコーラスから始まりドラマチックなサビへと一気に駆け上がっていきます。

Tr.3 「いばら」
 ゲーム中ではちょっと唐突に流れる挿入歌。曲調も他と比べるとかなり異色です。
 歌詞は確かに行方不明の妹、ニオを求めるアーシャを表現しているようなのですが、曲調はアーシャというよりは前作の「メルルのアトリエ」を彷彿とさせられる前向きで力強い歌です。

Tr.4 「Stargazer」
 ゲーム中ではボス戦で使われた歌。ボスの方はそこまで強くもなく、多少拍子抜けだったのですが、曲の方は熱いです。とある英雄の戦い! な雰囲気です。

Tr.5 「黄昏」
 ゲーム中ではニオの幽体(?)と邂逅するときに流れた曲。
 すぐそこに見えるのに手を伸ばせばすり抜けてしまう。そんな儚さと哀しさが現れた歌です。

Tr.6 「MARIA」
 実質ラスボス曲。荘厳な謎言語コーラスがひたすら流れ続ける神々しい歌です。
 聴いてるこちらまで浄化されそうになってきます。この曲が使われる場面では思わず正座しながらプレイしてしまいました。

Tr.7 「宵の星」
 日が沈む直前のぽっかりした一瞬をイメージさせられる曲。空を見上げながらシンプルなバンド構成(?)と気怠げなヴォーカルで語られる姉の愛情たっぷりな歌です。

Tr.8 「夢を織る家」
 姉妹がキャッキャウフフしつつアトリエでお仕事する様子が思い浮かぶ平和で和やかな曲。幸せは続くよどこまでも! なイメージ。

Tr.9 「Altair」
 別れの歌、という言葉がしっくりとくる気がする曲。遠くへ行ってしまった大切な人を懐かしんでいるかのような。


 どの曲もゲームの世界観がこれでもかと言わんばかりに表現されている素敵な曲ばかりでした。
 満足!!

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: アーシャのアトリエ Twilight_Hour ゲーム 音楽

[CD]The Everlasting Guilty Crown

歌:chelly
作詞作編曲:ryo


 TVアニメギルティクラウン」2クール目のOPテーマです。
 2クール目で描かれる殺伐とした世界の中で唄われる生きる"強さ"。

 アニメでの展開によく合った早いピッチなのにダークさ漂うピアノと重低音。その上に乗る切なく且つ疾走感溢れるヴォーカルがいい味出してます。

 カップリング曲の「キミソラキセキ」は何やら全てが終わった後のような雰囲気漂う、静かに訴えかけるような歌。もしかして最終回あたりに流れたりするのでしょうか?
 
 どちらも完全にメインヒロイン・いのりさんから集さんへ贈る歌だと思われますが、たまにでもいいので祭さんのことも思いだしてあげて下さい。

 素敵な一枚でした!

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: アニメ ギルティクラウン supercell ryo chelly EGOIST

[CD]My Dearest

歌:こゑだ
作詞作曲:ryo
編曲:ryo、TAKUYA
プロデュース:supercell


 アニメ「ギルティクラウン」の1クール目OPテーマです。

 孤独な王に捧げる愛の歌。

 アニメの曲というと一番が本編のOP、EDとして使われることが多い気がしますが、この曲の場合は二番が劇中で使われています。一番はより切実な感じ。もしかして本編アニメ終盤の挿入歌とかで使われるんじゃないかと勘ぐってみたり。

 ただひたすらに真っ直ぐな歌と歌詞。
 煌びやかなコーラス。
 それらを支えて盛り上げる壮大なオケ。

 何だか青臭い気もするけど、青臭いからこそハートにくる作品です。

 

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: supercell アニメOP ryo こゑだ ギルティクラウン

[CD]咲夜琉命 Ar tonelico III hymmnos concert side.Blue

歌:志方あきこ、yoko、KOKIA
作詞:土屋暁、志方あきこ、しのだともこ、波乃渉、江幡育子、KOKIA
作編曲:中河健、土屋暁、志方あきこ上野洋子KOKIA、伊藤真澄
レーベル:GUST


 ゲームアルトネリコ3」の作中で使用されている(らしい)ヴォーカル曲の一部を収録したアルバム。
 ゲームは未プレイですが、参加アーティストが好きな方ばかりなので思わず購入してしまいました。

 多重コーラスを駆使した立体的な響きと神秘的な造語歌詞が魅力的。
 J-POPとは全く別路線なので苦手な人は全く肌に合わないかと思いますが、それだけに波長が合えばどっっっぷり世界に浸かれます。

 以下、ヴォーカル曲の感想を(Tr.1,Tr.11はインスト曲)

Tr.2 謳う丘~Harmonics TILIA~
 何かが始まりそうな予感。恐らくオープニングなどで使われている歌なのでしょう。
 静と動の切り替わりがドラマチック。サビにかけての壮大な盛り上がりに圧倒されます。
 天使とか神様とか、そんな存在が舞い降りてきそうな一曲。

Tr.3 EXEC_EP=NOVA/.
 Tr.2とのギャップが激し過ぎるコミカルな歌。
 猫っぽい何かが縦横無尽に引っかきまわしてくれそうな狂騒曲(?)です。

Tr.4 EXEC_FLIP_ARPHAGE/.
 荘厳なのに無機質。人とは全く別な、神聖な何かと遭遇したかのようなイメージです。
 その一方で間奏が入った辺りから急に情熱的なテンションになったりもします。
 戦闘中で流れたりしたらかなり熱くなれそうです。
 このアルバムの中で三番目に好きな曲。

Tr.5 トキノスナ
 このアルバムで最も好きな曲。
 どこで使われているのかわかりませんが、泣けてきます。
 泣きながら微笑む少女のイメージ。
 アコースティックな伴奏と澄み切ったコーラス。浄化されそう。
 サビにかけての展開がもう切なくて切なくて。
 全力で泣かせにきていやがります。最高。

Tr.6 EXEC_METEMPSYCHOSIS/.
 これまた不思議な曲。美しくもあり不気味でもあり。
 なんて印象を最初の数十秒は受けるのですが、途中から一気に妖しさ大爆発。
 これも戦闘曲だったりするのかもしれません。
 2分過ぎからの音の重なりぶりには鳥肌が立ちます。

Tr.7 EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/.
 "REBIRTHIA"→REBIRTH→再生、というような意味でしょうか。
 ちょっと儚げな出だしから徐々に壮大に、荘厳に。果てしなく広がっていくイメージ。
 何やらエンディングっぽいです。要所要所で入るストリングスに涙腺を刺激されます。

Tr.8 EXEC_COSMOFLIPS/.
 二番目に好きな曲。
 思想とか主義とかそういったものよりも上の次元で、絶対に理解し合えなさそうな存在と対峙するイメージ。
 何度となく繰り返されるフレーズと冷徹な間奏がその無慈悲さを更に引き立てます。

Tr.9 光の中に
 ラブソング、なのでしょうか。歌詞は最もストレートな気がします。
 間奏のコーラスが美し過ぎです。灰になりそう。

Tr.10 Ec Tisia
 長いです。8分。
 長さと壮大さからしてトゥルーエンドで流れていそう。
 無国籍な旋律と大合唱具合が平和の訪れのようなものを感じさせてくれます。
 一つの物語が今終わる。そんな気分にさせてくれる曲。
 最後の歌詞からしてTr.2の「謳う丘」と対になっているのかもしれません。
 

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: アルトネリコ 志方あきこ 上野洋子 KOKIA ガスト ヒュムノス ゲーム 音楽

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!