最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[CD]トライアド・シネマ

歌:真崎エリカ
作詞:真崎エリカ
作編曲:TAK-sk、真崎エリカ、Clean Tears、Ryo、青田新名、PHEVOTT、塚越雄一朗、倉田くらね、くど


 M3 2013春 という同人音楽イベントで購入した一枚。購入した中で一番のお気に入りです!
ノーマークなサークルさんだったのですが、試聴してグッとくるものがあったので入手しました。全8曲。

 紅茶でも飲みながら聴いてみたくなるようなジャケットの印象とは異なり、全体的にロボットものアニメのOP&EDのような、激しめで疾走感あふれる曲が中心となっています。

Tr.1「Thema of TRIAD CINEMA」
 インスト曲。舞台の幕開けを壮大に告げる、ファンタジー世界の夜明けのようなイメージです。

Tr.2「SACRED LINK」
 アルバム中、BPM値は最大なんじゃないかという気がするハイスピードな一曲。
 気づいたら手がエアギターを高速でかき鳴らしているような、のけ反るくらいにノリノリな作品。

Tr.3「インモラル・インサニティ」
 ロボットものアニメのOPにハマりそうな曲その1。
 何か聴き馴染みのある曲調だと思ったら、作編曲がClean Tearsさんだった!
 クールな重低音と機械的な高音、曲名通りにどこか妖しげな雰囲気の歌声が絶妙に合っていて、いい具合に曲の世界に没頭できます。

Tr.4「Logically dizzy kiss」
 比較的ジャケットのイメージに近い貴重な曲。
 曲調そのものはバーなどに合いそうな、ピアノとベース(?)を主体にし、渋く大人っぽいのですが、テンポがかなり早めなのでゆっくりお酒でも飲んでいるわけにはいかなそう。ライブのアクセントとして一つ入るとキュンときそうです。

Tr.5「キミカギ トロイメライの雫」
 抗えない運命に翻弄されるような。哀しき魂の叫び、といった雰囲気のドラマチックな歌です。
 梶浦由記がお好きな方にはオススメ。

Tr.6「Ready!」
 ロボットものアニメのOPにハマりそうな曲その2。
 緩急のつけ方とか、特にガンダム系に合いそうな気がします。主人公たちやヒロイン、敵役、キーとなる人物の登場タイミングまで頭の中に浮かんできます。
 これまた疾走感あふれております。思わず身体がリズムに合わせて動き出す、やっぱりノリノリな一曲!

Tr.7「Brave Star」
 能力バトル系アニメのOPにがっつりハマりそうな曲です。
 タイトルが浮かび上がってきて主要人物が一人一人クローズアップされる様子までイメージできます。
 他の曲と同様に駆け抜けるようなアップテンポぶりなのですが、サビの少し前にちょっとブレーキがかけていたり間奏部分でしっとりしたりと、緩急の付け方に中毒性が高いです。
 『翔べる。どこまでも、高く!』といった台詞が合いそうな作品です。

Tr.8「アナログラスター」
 ピアノ&ギター&ベースがしっとり且つドラマチック。素敵なED曲です。卒業曲という気もします。
 物語が終わり。お別れ。そして明日へ。
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 音楽 同人

[CD]バイバイ、ブラックワールド

作詞作曲:millstones
イラスト:2e


 どこかお洒落で小気味良い音が素敵なmillstonesさん2枚目のアルバム。
 初音ミクなど、話題のVOCALOIDを使用しておりますが、インスト単品でも、むしろインスト部分の方が魅力的に思えます。

Tr.1 「Something Experimental」
 リズムに合わせて体を揺らしたくなります。
 PVやCMのBGMとして合いそうなインスト曲。

Tr.2 「Program "Avalon"」
 退廃的な近未来都市っぽいイメージのトランス曲。トランスなだけに、長いです。
 耳に刺さるような重低音が印象的。

Tr.3 「Precasted World」
 落ち着いた雰囲気。コーヒータイムと洒落こみたくなる一曲。
 RPGなら都会的な街。AVGなら日常パートに合いそうです。

Tr.4 「マルグリットの憂鬱」
 童話の世界が幕を開けるような世界観。ところどころ挟まれる重厚な弦楽器&吹奏楽器(?)の音に惹きこまれます。

Tr.5 「わがままキャンパス」
 他の曲よりも初音ミクの歌声が前面に出されているように思えます。
 ゆったり散歩でも楽しんでみようかという気になる和やかな(でもどこか一抹の寂しさも感じる)一曲。

Tr.6 「Beanstalk Blueprint」
 幕間。そんなイメージ。STGのステージセレクト場面のようなイントロから始まり、空を突き進むかのような疾空感に満ちた爽快な歌です。

Tr.7 「Progress Engine」
 "ジュリアナ東京"、"ボディコン"といったキーワードが思い浮かんだ自分はもう歳なのかもしれません。
 これまた踊り出したくなるディスコ曲(?)。

Tr.8 「キップル・インダストリー」
 中毒性高し。アップテンポなメロディーとキレのいい重低音。VOCALOID特有の声色がよく合っています。
 「足りない者は何ですか?」から始まるサビ部分に何だかグッとくるものを感じます。耳に残りやすい一曲。

Tr.9 「始まりの刻」
 ファンタジー世界の壮大な戦記物語が始まりそうなオーケストラ風の調べが熱いです。
 ところどころTr.11の「カガリビト」のモチーフと思われる展開が入るあたりがにくい演出!

Tr.10「エリネルングの記録者」
 神秘的。深遠なる世界の秘密が開示されそうな厳かで、無機質。なのにドラマチックなイントロ。そして切なさ寂しさ、終わりが近づいていることを予感させられる歌が素敵です。

Tr.11「カガリビト」
 何やら色々と設定が詰め込まれていそうな雰囲気を醸し出す一曲です。ニコニコ動画上で何度も聴いている曲ですが何度聴いてもやっぱり素敵。淡々としているようでもあり、起伏に富んでいるようでもある構成にメロメロです。

Tr.12「風の舞う谷」
 風は風でも西部劇に出てくるような荒れ果てた荒野の中の一風景というイメージ。グランドキャニオンみたいな。口笛を吹いてみたくなります。

Tr.13「End at any moment」
 うって変わってガンダムの主題歌などに合いそうなサイバー感溢れる一曲です。
 バックで刻まれる重低音がちょっと「サガフロンティア」というゲームのボス戦を彷彿とさせられます。

Tr.14「転帰予報」
 アクションゲームのEDに合いそう。明るめでどこかカタルシスを感じます。
 millstones節炸裂! な素敵テクノ。

Tr.15「モノクローム・レインボウ」
 思わずリズムに合わせて指を鳴らしたり手を打ったりしてみたくなります。
 しっとりとしているのノリがいい。アルバムの終盤に置かれるだけあってED風な雰囲気です。

Tr.16「バイバイ、ブラックワールド
 標題曲。曲名の通り「バイバイ」をするようなイメージ。
 舞台から役者たちが次々と挨拶しつつ舞台裏へと退場していく絵が思い浮かびます。


 全曲ハズレなしな良アルバムでした。満足!
 

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 同人 音楽 millstones バイバイ、ブラックワールド VOCALOID

[CD]初音ミクの消失

歌:初音ミク
作詞:cosMo@暴走PGAIA
作曲:cosMo@暴走P
カバーイラスト:左
レーベル:ExitTunes


ニコニコ動画等で超有名なcosMo@暴走P
超有名作品「初音ミクの消失」などが収録されたCDです。
VOCALOIDでしかまともに歌えないような
弾ける電子音が奏でる世界が魅力的。大満足!です。

Tr.01「新世界」
まずは前菜を、といった雰囲気な曲。
前菜とはいえ、ハイテンションであることには変わりありません。
初音ミクのコーラス&スキャットは聴いていて楽しくなってきます。

Tr.02「初音ミクとあそぼぅ!!」
RPGのOPのような壮大な幕開け…と見せかけて
要所要所で挟まる「ゆっくりしていってね!」で有名な
あの音声でのトーク、
ワルツ風な展開や意味不明な効果音など、
曲名通りに遊び心あふれた一曲です。

Tr.03「A.I.」
一転してしっとりとしたピアノ曲。
最後までオチもなく終始ゆったりと進みます。
このアルバムの中ではある意味異色。

Tr.04「初音ミクの暴走」
Tr.03でしんみりとさせておいて次はコレかい!?
と突っ込まずにはいられない電波曲。
公共の電波には流せないアホ過ぎる歌詞が素敵です。
まさに「暴走」。

Tr.05「初音ミクの戸惑」
ここからシリアスに。
「?その歌は誰のものなのか?」

RPGの終盤のイベントバトル風。
無機質でありながら緊張感あふれる高速展開に
しびれます。

Tr.06「初音ミクの分裂→破壊」
これまたボス戦です。
どこか病んでいる曲調の不安定な変化。
クラクラきます。

Tr.07「さよなら常識空間」
このアルバムで一番好きな曲。
ニコニコ動画にアップされたバージョンでは
田村ヒロさんのイラストと三重の人の動画に虜にされました。

cosMo@暴走Pお得意の高速展開に前のめりな歌詞を載せた
前へ前へと突き進むポジティブな作品です。
元気づけられます。

Tr.08「0」
「終わりの始まり」というイメージ漂う高速ピアノ。
あえて機械的な表情づけがされている初音ミクの歌声。
カウントダウンは続きます。

Tr.09「初音ミクの終焉」
どこかコミカルで牧歌的な出だし。
曲名とのギャップに「あれ?」となりますが
水の底にどんどん沈んでいくかのような
歌詞と展開に曲名は偽りではないことに
気づかされます。

Tr.10「初音ミクの消失
ニコニコ動画において数多の猛者たちが「歌ってみた」に挑戦した
表題曲。
PSPソフト「初音ミク project DIVA」のボス曲でもあります。

高速ギターに高速歌詞。
胸をきしませる別れの歌です。

Tr.11「Hyper∞LATION」
Tr.10からの流れを引き継いで奏でられる再開の歌。
でもどこかぶっ壊れています。
これは只の再起動ではなさそう。
狂った歌詞にゾクゾクさせられます。

Tr.12「∞」
再起動の後にやってくるラスボス展開な曲。
美しさすら漂わせながら結末へと突き進みます。

Tr.13「初音ミクの激唱」
PSPソフト「初音ミク project DIVA 2nd」のボス曲。
ラスボスは最終形態へ!
どこか荘厳な調子でサビへと盛り上がっていき、
サビで急加速。脳髄揺さぶられます。

Tr.14「浅黄色のマイルストーン」
そしてエンディングへ。
ラストにふさわしい、物語の終結を感じさせる曲です。
終結ではあるけどあくまでテンポよく、前向きに。
後味のよい作品です。

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 初音ミク cosMo@暴走P GAIA 初音ミクの消失 ExitTunes

[CD]ぼくを探して

歌:豊崎愛生
作詞:Chara加藤哉子仁科亜弓小倉しんこう中田昌宏
作編曲:Chara仁科亜弓小倉しんこう
レーベル:MusicRay'n


・Tr.1「ぼくを探して」
Charaが作詞作曲を手掛けたとのことですが、
確かにもう、全力でCharaです。Charaそのもの!
そんな楽曲に、
豊崎愛生のおかえりラジオ」など
Webラジオのトークでも同じみな、のんびり+優しい
豊崎愛生の声と実によく噛み合っています。
キュッと胸をしめつけられるようなイントロと間奏も素敵!

・Tr.2「パティシエール」
カフェでのゆったりとした一時のイメージがわく一曲。
一番と二番の間に少しだけ流れるオルガン調の間奏が好みです。

・Tr.3「ソラソラ☆あおぞら」
NHKアニメのEDあたりに合いそうな元気な歌です。
ひたすらポジティブで前向きな気持ちになれます。

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 豊崎愛生 Chara 加藤哉子 仁科亜弓 小倉しんこう 中田昌宏 MusicRay'n

[CD]プロトタイプ ナナクジャク

歌:初音ミク、鏡音リン、巡音ルカ、Megpoid、SF-A2
作詞作曲:sasakure.UK(Tr.9原曲:ゆうゆ、Tr.10原曲:Daxie Flatline


きゃー!sasakureさーーーーん!!
と叫ぶようにして購入に走った作品です。

全体を通して、無機質なのに迸るような感情を感じる曲が多かったように思えます。
Tr.2「ロストエンファウンド」はそんな曲の代表格な印象。

かと思えばTr.3「トゥイー・ボックスの人形劇場」のような
ハイテンポで何だか楽しくなってくる曲もあったりと
メリハリがきいております。

その他にはちょっとだけオリエンタルな雰囲気を漂わせる
クールな不思議空間を創りだすTr.4「タイガー・ランペイジ」。

優しげでテンポのいい曲に何やら辛辣な詞が乗ったピリ甘仕様の
Tr.5「インスパイア インスパイス」。

RPGの物語終盤のフィールド曲に合いそうな、
透明な哀愁漂うTr.6「プレゼンター」。

黒服を着た人たちがクールなダンスをきめてくれそうな曲の上に乗る
VOCALOIDの声が機械的で幻想的な世界を見せてくれる
Tr.7「ナナクジャクの彼方」。

原曲に忠実な気もするけどぶっ壊れてもいる
思わず「いいセンスだ。」と呟いてしまう素敵アレンジな
Tr.9「クローバークラブ」、
Tr.10「ジャストビーフレンズ」。

何とも形容しがたい変則的なリズムがとにかく印象深い
Tr.11「クエスチョンユー100」。

そして一番好きなのはTr.8「ナキムシピッポ」。
「きみの分まで泣くから泣かないで僕を信じてよ」
「きみのカナシミは全部僕が流してしまえばいい」
何て美しいエゴ。最高です!!

大満足な一枚でした。


テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: VOCALOID sasakure.UK ゆうゆ Daxie_Flatline プロトタイプナナクジャク

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!