最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]夏を殺す少女

作者:アンドレアス・グルーバー
邦訳:酒寄進一
レーベル:創元推理文庫
<hr>
 オーストリア、ドイツで次々と起きた二種類の事件。片方は20歳少し前の少年少女の自殺・病死。もう片方は政治家や弁護士などの名士たちの自殺・事故死。何の関わりもないように見える二つの連続事件は、一人の少女を鍵として、やがて一つの痛ましい真実へと繋がっていきます。

 二つの事件にそれを追うやはり何の繋がりのない二人の主人公。最期に二人が出会い、手を組むとき、事件の真相が明らかになる。ある種の王道ですが、緻密に綺麗に構成された作品であれば、やはり何度でも読みふけってしまいます。
 何だかんだ言って悪者には容赦のない鉄槌が下され、弱者には一応の救いが与えられ、主人公たちには次なる人生のステップへと進んでいく。読後感も爽やかな良い作品でした。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 創元推理文庫 アンドレアス・グルーバー 酒寄進一 夏を殺す少女 サスペンス

[小説]魔王

作者:伊坂幸太郞
レーベル:講談社文庫


 何だかよくわからないまま何だかよくわからない力に押し流される得体の知れない恐怖は程よく伝わってきました。
 あれ!?そこで終わっちゃうの!?と面食らってしまいましたが、面白かったです。

 強力な指導力をもつ若き政治家の登場に沸き立つ世間。その政治家に害をなそうとした者が共通して迎える脳溢血による死。何とも使いどころに困る異能(?)に目覚める兄、そして弟。それぞれのポリシーに従って大きな流れにささやかに抗う姿は、何だかんだいってヒーローしている他サスペンス作品の主役達にはない魅力がありました。
 脇役達の思わせぶりな言動の真相は殆ど明かされないまま結末を迎えますが、きっとそれは重要ではないのでしょう。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 伊坂幸太郞 新潮文庫 サスペンス

[小説]ゴールデンスランバー

作者:伊坂幸太郞
レーベル:新潮文庫


 面白かった! 

 現代日本でまさかの白昼堂々首相暗殺!?
 何故かその容疑者に仕立て上げられた主人公は、どうにか冤罪を晴らすために仙台中を逃げ回ることに!

 一国の首相暗殺&冤罪という事態の大きさの割にいまいち重みのない登場人物の言動、リアルタイムな雰囲気を出すためなのかなと思いますが、細かく挟まれる回想と場面&視点転換など、やや苦手な要素も色々あったのですが、「でもそんなの関係ねえ!」とページをめくらせる異様な吸引力がありました。

 何だかよくわからないまま何だかよくわからない事態にまきこまれる得たいの知れない雰囲気は全体的なノリが軽いだけに余計に伝わってきましたし、主人公の友人知人が元気玉のように少しずつ手を貸して主人公の逃走を助けるのも変に我が身を犠牲にされるよりも熱かったです。

 素晴らしいエンターテイメント作品でした!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 伊坂幸太郞 新潮文庫 ゴールデンスランバー サスペンス

[小説]ベイジン(下)

作者:真山仁
レーベル:幻冬舎文庫


 次から次へと降り注ぐ数々の問題を乗り越え、中国の大連で建設が始まった世界最大の原発はいよいよ稼働開始の段階に。
 しかし、やはり最後の最後になってもまだ、日中の価値観の違いによるささいなトラブルの積み重ねがメルトダウンの可能性も含めた取り返しのつかない事態に発展していきます。

 上巻が日中の文化の違い、裏で蠢く権力争い、主要人物の背景の掘り下げ、とじっくり丁寧にページを割いていたのに比べ、下巻は何らかの圧力を勘ぐってしまうくらいに駆け足な上に、絶望的な状況を主人公たちはどう打開するのか!? と緊迫度合いが最高潮に達したところで『俺たちの戦いはこれからだ!』エンドを迎えるという、色々な意味で驚きの結末でした。
 日中問題+原発建設という、テーマはそう簡単に答えを出していいものではないと思いますが、小説という世界の中でくらいはサクッとケリをつけてくれても良かったんじゃないかなと思います。
 この作品のバッドエンドルートが現実の福島で再現されてしまっているあたり、何ともいえない皮肉を感じます。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 真山仁 幻冬舎文庫 ベイジン

[小説]ベイジン(上)

作者:真山仁
レーベル:幻冬舎文庫


 中国で、しかも北京オリンピック開催までにという期限付きで、更に世界最大の「原発」を建設する。巡り巡って絶望的なまでに困難なミッションを引き受けることになった二人の主人公(一応、"三人目"の映画監督もいますが)。
 癒着だらけ汚職まみれの地元有力者と傘下企業、無きに等しいモラル。汚職摘発と熾烈な権力争いを背景に、それぞれの思惑で彼らは問題を一つ一つ乗り越えていきます。クールに熱い男どもの物語です!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 真山仁 幻冬舎文庫 ベイジン

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!