最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]楽園への清く正しい道程~国王様と楽園の花嫁たち~

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫
<hr>
 雪の舞うファンタジー世界の小さな国の中で、一つの楽園が築かれるまでの物語。最終巻です。
 ヒロイン達には、お前らそれでいいのか、と言いたくなりますが、伏線もきっちり全て回収し、みんな幸せな大団円。
 物語はめでたしめでたしで終わるのですが、全くもってめでたくないのは後書き。次回作のことや、ここ最近の作品では恒例となりつつあった病状報告がなく、引退宣言ともとれる挨拶のみ。「お疲れ様でした」とはまだ言いたくない。ラノベじゃなくてもいいのでこの方の生み出すお話をもっと読みたい気持ちでいっぱいです。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 楽園への清く正しい道程

[小説]楽園への清く正しき道程 庶民出身の国王様がまたご愛妾を迎えられるそうです

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫
<hr>
 ひょんなことから辺境の小国の王になってしまった青年を中心に繰り広げられるファンタジーハーレムラブコメ第三巻です。
 謎の少女に予言された7つの大切なもの。今回のヒロインである「二番目」と「三番目」は心は乙女な女騎士と、根は心優しい高飛車お嬢様です。更に終盤では「四」「五」まで! 何やら打ち切りを疑いたくなるほどのテンポ良さであれよあれよという間にヒロインたちが攻略されていきます。
 『結婚』を巡っての二ヒロインの言動や義妹さんのモノローグにはラノベらしからぬ生々しさがあってドキドキものでした。
 そして一番心臓に悪いのは作者様の体調。というか、病状。一日も早いご快復を願っております。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 楽園への清く正しき道程

[小説]吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる~Long Long Engage~

作者:野村美月
表紙絵:竹岡美穂


 とある事件から吸血鬼という不老不死の身体になってしまった少年・原田詩也とその最愛のパートナー・綾音や彼らをとりまく人々の物語。本編は残念ながら打ち切りとなってしまいましたが、詩也・綾音の娘であるミナの視点から語られるその後、という形でめでたく完結です。
 いやはや、切なかった! 永遠の生とは? 彼らから見た愛の形とは?全体的に総集編ぽい駆け足の印象があるものの、途中で終わってしまった本編を補完するには十分でした。彼らの子供たちが揃っていい子過ぎてほっこりします。あのキャラやあのキャラにそんな背景があったとは! などの驚きもあったりして、満足です。
 後書きの野村先生の近況がどんどんシャレにならなくなってきているのが心配でなりません。ご自愛を!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 野村美月 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる

[小説]楽園への清く正しい道程~1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド~

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


 ひょんなことから小国の国王となってしまった主人公・ルドヴィーク。彼に求められる最重要課題は『世継ぎを作ること』。
 第一巻で現れたゼロ番目のヒロイン・フロリンに続いて登場するのは薄幸メイドのミーナ。その生まれを気にして縮こまって生きる彼女を勇気づけるため、何故か開催された城内お嫁さんにしたい子投票にのっかって彼女をプロデュースしていくことになるのですが・・・・・・。
 ミーナを表面的にはノリノリでけしかけつつも自分の中に眠る気持ちに気付き始め、戸惑うメインヒロインとの今後が気になります。
 ハーレムものなのに全く嫌味を感じさせず、主人公もヒロインたちも応援したくなってくるのはさすが野村先生! 後書きを読むと不穏な空気が漂っていますが、今度は打ち切られずに最後まで書ききってほしいものです。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 楽園への清く正しい道程

[小説]楽園への清く正しい道程~0番目は北国産のツンドラ王妃?~

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


 野村先生の新作! 
 街で服屋を営む、全ての女性を美しく着飾ってもらうのが夢な主人公・ルドヴィークは、とある事情で国王になる羽目に。王としての最初の重要な仕事は「大国のお姫様と結婚し、地盤を固めること」。しかしやってきたお姫様・カテリナは何に対しても冷たく罵倒するツンドラ娘。主人公はどう打ち解けていくのか? というところから物語は始まります。
 ノリは「家庭教師~」に近い、コメディタッチのファンタジー。
 ハーレムもの、ということですが、嫌味が全くなく逆に主人公を応援したくなる描写はさすがです! 
 第一巻としてはメインヒロイン(多分)で色々な意味でパートナーとなる王女様との出会いと同盟。そして世界観・主要人物紹介中心な導入部の印象。
 モテるけど、いつも「いい人」どまりで報われない主人公の前に、今後どのようなヒロインたちが現れるのか? 楽しみです。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 楽園への清く正しい道程

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!