最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]赤朽葉家の伝説

作者:桜庭一樹
レーベル:東京創元社


グッジョブ!グッジョブです!!桜庭一樹!!!

鳥取で大昔からその地方の製鉄業を仕切ってきた
赤朽葉家。
その家に嫁ぎ、産まれた三代の女たちの物語。

最初の数十ページは登場人物の価値観が
今とあまりにも違いすぎて(舞台は戦後なので
当たり前かもしれませんが)どうにも
退屈してしまったのですが、
語り手である赤朽葉瞳子の祖母、万葉が赤朽葉家に
嫁ぐ辺りからドンドン面白くなっていき、
次の章で主人公となる万葉の長女にして瞳子の母である
毛鞠の話に差し掛かる頃にはもうページを
めくる手を止めることはできなくなっていました。

戦後、高度経済成長期、オイルショック、バブル、
そして現在。
もう戻ることはできない時間、というものを
感傷的になり過ぎず、"あの頃は良かった"なノリに
なり過ぎずに読ませてくれます。

ハラハラする、とか泣けるとか、色々考えさせられるとか、
そういった感覚とはまた違った不思議な読後感を
与えられる作品でした。

同作者の「ブルースカイ」「少女七竈と七人の可愛そうな大人」が
お好きな方には更にオススメです!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 桜庭一樹 東京創元社 赤朽葉家の伝説

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!