最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]青年のための読書クラブ

作者:桜庭一樹
出版:新潮社


"漢"が必ずしも性別:男を指すわけではないように、
"青年"もまた、時には少女を意味することもあるようで。

第一次世界大戦終結後にフランスからやって来た
一人の修道女が創立した女学校「聖マリアナ学園」。
山の手の一角に設立されたこの幼~高一貫の学園の
始まりから楽園の終わりまでの
100年の年代記です。

名門お嬢様学校の中で「異形のもの」として
はみだし者となった少女たちが何故かいきつく
異端の集まり「読書クラブ」。

その読書クラブによって代々書き続けられている
秘密の「クラブ誌」の書き手を語り部に、
戦前戦後、全共闘、バブル、現代、少し先の未来の
5つの時代で起きた突拍子もない珍事件、珍伝説が
語られます。

人(というか少女)というものの
得体の知れなさと弱さと逞しさが
ボディブローのようにじわりじわりと
伝わってきたような気がします。

最終章、異端者たちの安息の場所に
待ち受ける結末。
感動して泣くべきか、
腹を抱えて笑い転げるべきか、
よくわからなくなる奇妙な奇妙な感情に
襲われました。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 桜庭一樹 新潮社 青年のための読書クラブ

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!