最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]SH@PPLE

作者:竹岡葉月
イラスト:よう太
レーベル:富士見ファンタジア文庫


---------------------------------------------------
「あのね ボクの名前は雪国じゃない。
キミたちにお願いがあるんだ」

SECはすべてのお嬢さん<フロイライン>の味方なのだろう?


---------------------------------------------------


淡谷舞姫(主役双子の姉の方)がカッコ良すぎ!!
弱くて強くて
クールで熱いっ!!

ヒロインなのはお嬢様だけど裏表があって
ついでにB級グルメ命なおいしい特徴をもつ
一駿河蜜なのかもしれませんが、
そんなの関係ねぇ!てくらいの活躍ぶりでした。

ブラコンキャラってわけでもないのに
弟・雪国と息ピッタリで、
つながるところでシッカリつながってる
ところなんかも素敵です!

物語の方はというと、とある利害の一致で
双子の姉弟が入れ替わることになって・・・という
男女入れ替わりもの。

「この挿絵がなければ立派な青春小説として
一般書でもいけそうなのに・・・!!」
という気持ちと
「この挿絵がより物語を引き立てている気がする!!」
という気持ちを同時に読者に抱かせる
とても罪な作品なんじゃないかと思います。

変態だけど正義の味方な非モテ男集団、SECや
絵に描いたような高飛車お嬢様の蝶間林典子、
くの一・久我原さゆねなど、
脇役陣もお約束だけど個性的な面々が
揃っています。

もっと続きが読みたくなる、楽しい一冊でした!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 富士見ファンタジア文庫 竹岡葉月 よう太 SH@PPLE

[アニメ]CLANNAD(~最終回、番外編)

原作:key
製作:京都アニメーション


第一話から欠かさず観てました!
表情の変化とかアニメ版独自のストーリーの
アレンジもももちろん素晴らしかったのですが、
その他にも原作を知っている人を
ニヤリとさせる様々な演出には骨抜きにされっ放しでした。

例えば最終話の一つ前の回(だったと思う)。
渚が自分が演じようとしている物語を
語り始めたときに入るOPテーマ。
これ、原作でOPテーマが流れるタイミングと同じ!!
第一回目の「俺たちは上り続ける・・・」の部分と並ぶ
自分の中での名再現シーンでした!(T_T)

贅沢を言えば番外編は朋也&渚の初々しい話とかではなく、
盛大にキャラ総出演で原作の「野球編」とかを
やってほしかった・・・!!
という愚痴が出てくるのですが、
それを踏まえても素敵な素敵な作品でした。

ちらっと流れた「After Stroy」の予告編も
十分過ぎるほどに期待を膨らませてくれるものでした。
個人的に気になって夜も眠れないのは
「さよなら・・・パパっ!」
のところ!!
これが、どこでどんな風に出てくるのか・・・。

ガンダムOOの後半も楽しみですが、
こっちのAfterStoryも楽しみ!です!!

テーマ: アニメ
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: key 京都アニメーション CLANNAD

[小説]少し変わった子あります

作者:森博嗣
表紙絵:西島大介
レーベル:文藝春秋


とある大学の教授である主人公。
彼が行方不明になった後輩の紹介を思い出して
訪ねた店は、何とも風変わりな店で・・・。

シュールな、何ともシュールな短編集でした。

主人公が訪ねた店はそもそも何の店なのかも
わからない店で、
毎回、営業している場所が変わる店で、
とても美味しいけど筆舌に尽くしがたし、というほどでもない料理が出る店で、
とても美人だけど印象には全く残らない女将がいる店で、
本当にただ、一緒に食事をするだけの若い女性が
同伴する店。

客に課せられる暗黙のルールは二つ。
・一人で来ること。
・同伴した女性とはその場限り。他の場所では会わないこと。

客を呼ぶ気がないとしか思えないような
おかしなシステムをもつこの店に不思議な魅力を感じ、
主人公は何度も足を運びます。

事件らしい事件も起きず
(怪談めいた事象は起きますが・・・)
淡々と各話ごとに主人公と同伴する女の人との間で
とりとめもない会話が交わされます。

面白いと言えばいいのか、つまらないと言えばいいのかも
わからなくなる、不思議ワールドがぼわぼわと
広がる作品でした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 文藝春秋 森博嗣 西島大介 少し変わった子あります

[小説]ほうかご百物語

作者:峰守ひろかず
イラスト:京極しん
レーベル:電撃文庫


----------------------------------------------
「そんなことある。すっと立ったイタチさんの体を、
オレンジのフレアが、こう、ぱあーっと
取り巻く時の凛とした美しさはもう格別で
正直、持って帰りたいと何度思ったか」

「・・・持って帰らないでね」
「頑張る」

----------------------------------------------

中盤の主人公とヒロインのイタチさんのやり取りより。

なんか、ひぐらしが鳴く頃には
お持ち帰りしていそうな気がするのは
作者の狙いにハマってしまっているということでしょうか。

第14回電撃大賞受賞作!ということで
読んでみました。

ライトノベルらしい軽~いノリと
最近はむしろ希少化しているようにすら思える
ほんわか頑張り屋なヒロインのおかげなのか、

九尾の狐が現れても、
人食い鬼に襲われても、
神クラスの化け物が顕現しちゃっても、

いい意味で緊迫感に欠けたまま
あれよあれよという間に一件落着っ!

一応、バトルありの作品なのに
何とも始終なごみモードで転がっておりました。

そこはかとなく癒し系小説、です。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 峰守ひろかず 京極しん ほうかご百物語

[小説]空の境界(中)-the Garden of sinners-

作者:奈須きのこ
イラスト:武内崇
レーベル:講談社文庫


え・・・これ、中巻ですよね?
思わず表紙に戻って「中」の字を確認してしまうほどに
壮絶な異能バトルと伏線回収が繰り広げられています。

ヒロインの両儀式、そのボスな蒼崎燈子、
ついでに主人公の黒桐幹也。
彼女らと対峙するはいかにもラスボスな空気を
まとう男、荒耶宗蓮。

金縛りから空間圧縮、異空間斬り、生きてる人形、
人間丸呑み、大爆発に"スペア"の存在。
もう何でもアリです。

そんな派手なバトルの真っ只中や合間合間に
語られる登場人物たちの様々な過去と葛藤と思惑には
胸を打たれるものがありました。

この巻で物語の世界観もあらかた提示し尽くされた感があるだけに、
下巻ではどんな展開と結末が待ち受けているのか
逆に楽しみになってきている自分がいます。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 奈須きのこ 武内崇 講談社文庫 空の境界

[VOCALOID]ココロ

歌:鏡音リン
作詞:トラボルタ
作編曲:トラボルタ


今頃になってハマりつつあるVOCALOID+ニコニコ動画。
その中でも自分の中でぶっっちぎりでヒットしている曲です。

トランスっぽい曲は自分はあまり好きじゃなかったはず・・・
はずなのに・・・なんでしょう・・・涙が止まりませんよ?

作者の方が作られた他の作品もそうなのですが、
歌の世界観(?)みたいなものが
はっきりと分かりやすく提示されていて
感情移入度をズン、と高めてくれます。

出だしからサビ、間奏、フィナーレ。
計算され尽くしているかのように
ポイントポイントでこれでもかと
こちらの心を揺さぶってくれます。

特に「アリガトウ・・・」の部分は本当に何度聴いても
涙腺が緩くなります。
VOCALOIDの、やっぱりどこかに機械的な部分が残る声が
逆にどこまでもマッチしていて、正に圧巻・・・でした。

しばらく自分の中でブームが続きそうな気配です・・・!



テーマ: ボーカロイド
ジャンル: 音楽

タグ: 音楽 トラボルタ 鏡音リン ココロ

[CD]セカイノナミダ

歌:結城アイラ
作詞:畑亜貴
作編曲:末廣健一郎
レーベル:Lantis


TVアニメ「true tears」EDテーマです。
「sola」ですっかりファンになってしまった
結城アイラさんがヴォーカル!
更に作詞が畑亜貴さん、作曲が末廣健一郎さん
=アルバム「oratorio」で一番好きな曲「宵待雨月」のトリオ!!
ということで購入!!!

表題曲の「セカイノナミダ」はミドルテンポの
小気味良いリズムが印象的な曲。
結城アイラさんの歌声は女性ヴォーカルの
ほめ言葉によく使われる「透明感あふれる」とは
ちょっと違うのですが、とてもクセになる
中毒性の高い声質なんじゃないかと勝手に思っています。
素敵な声です。

作曲の末廣健一郎さんの曲もその歌や詞に合っていて、
ちょっと上品だけど遊び心も何となく感じられる
素敵なメロディーです。

作詞の畑亜貴さんはここ数年色々なCDで
お名前が出てきているように思えます。
普段は詞の方にはあまり関心をもたない自分ですが、
この方の書く詞はついつい
歌詞カードをじっくりと読んでしまいます。
サビの終わり部分の「~ですか?」と敬語で終わる部分は
詞の中の主人公(作中のヒロインの一人、湯浅比呂美?)の
気持ちが強く出ている感じで
(サビなわけですから当たり前と言えば当たり前ですが)
締めつけられるものがありました。
素敵な詞です。




テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 音楽 結城アイラ 畑亜貴 末廣健一郎 Lantis セカイノナミダ

[小説]さよならピアノソナタ2

作者:杉井光
イラスト:植田亮
レーベル:電撃文庫


-----------------------------------------
ぼくはその歌を知っていた。

ぼくらをつないだ、最初の歌。


-----------------------------------------

青春・・・万歳・・・っ!!

何度読んでもそう叫ばずにはいられない
恋と革命と音楽の物語、第二弾です。

前巻であれだけ綺麗に終わっておいて
これ以上どう続けるんだ!?と
新刊の中にこの作品の名前を見つけたときには
思いました。

でも凄い!!
あの綺麗で熱い空気はそのままに、
今回も鮮やかに惹きつけてくれました!!

音楽の知識が殆どない人間にも、
どうしようもない鋭さと美しさで音楽を感じさせてくれる
"小説"です。

基本的にはツンデレ系だけど
主人公のことが好き過ぎるあまり
ツンにもデレにも傾ききれずに
ただうずくまってオロオロするばかりな様子の
ヒロイン、蛯沢真冬。
もう半歩踏み外せば只のはた迷惑なイタい人、
になってしまうと思うのですが、
奇跡的なバランスで絶妙な破壊力を醸し出しております。

サブヒロインの相原千晶と神楽坂響子も
主人公への気持ち以外の部分でも
強さと弱さと本当の想いを垣間見せたりして。
主人公とヒロインの父親コンビが
いい感じに要所要所でオチをつけてくれたりして。
計算づくなのだとしても、
感性の赴くままに書かれているのだとしても、
登場人物たちの想いの一つ一つ一部の隙もなく
飛び込んでくるように思えます。

お気に入りは真冬がつけたバンド名に
隠された真意に主人公が気づくシーン。
それに導かれるようにして展開する
その後の一連の展開も含めて震えがきました。

まぶしい位にキラキラした何かが
一ページ一ページの中にギュッと詰まっている、
素晴らしい一冊でした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 杉井光 植田亮 さよんらピアノソナタ

[ゲーム]ユグドラ・ユニオン(PSP版)

製作:STING


ちんまいキャラに巨大武器、の組み合わせは
サガフロ1で幻魔を装備したアセルスの
戦闘シーンを見て以来の自分の・・・ツボです。

一風変わったゲームシステムと
キャラデザがきゆづきさとこということで
GBA版の頃から気になっていたシミュレーションRPG(の一種)。

ストーリーやキャラの個性については
昨今の凝りに凝った作品たちと比べると
「・・・」なものに思えてしまいましたが
ゲームとしてはとても面白いです。

ターンごとにひくカードによって
パーティ全体の移動力と技が決まり
更に手持ちのカードを使い切るとゲームオーバー、
武器ごとの相性がユニットのレベルよりも
大きく作用する、
使用できるステージ数が限られている装備品、
1ターンに1度しか攻撃を仕掛けられないなど、
適度な制約があり、シンプルながらも
やり応えがあるものになっています。

"ゲーム"としてみると(というかゲームなのですが)
とても良くできた素敵な一品です!

テーマ: ゲーム
ジャンル: ゲーム

タグ: ゲーム STING ユグドラ・ユニオン きゆづきさとこ

[小説]モーフィアスの教室

作者:三上延
イラスト:椎名優
レーベル:電撃文庫


夢と現実の境界に立つ「悪夢」と「番人」の物語。

椎名優のイラストに惹かれて買ってはみたものの、
ずっと放置してしまっていたのですが、
いざ読んでみると・・・面白い・・・!
作者様の過去作品と比べても
吸引力はかなり高いものなのではないかと。

主人公・岸杜直人がある日に見た悪夢。
その夢の中で怪物に食われてしまったクラスメートが
現実の方で眠ったまま目を覚まさなくなるという現象が
発生します。
そして犠牲者はその一人に留まらず・・・。

何かの秘密を知っているらしい幼馴染の
久世綾乃と共に事件を追ううちに
直人は死んだ父、久世綾乃、そして
自分自身の秘密を知ることになります。

設定だけだと他にも似たような作品が
ありそうな気もするのですが、
悪夢に引きずり込まれる作中の登場人物たちのように
読んでいる自分自身も物語の中に
のめり込んでいってしまう何かがありました。

夢が絡む話ではありますが、変にフロイトとか
心理学な要素が混ざってきたりしていない
ところも個人的に好感度大です。

実写化禁止なグロ描写と、
"罪"に裏打ちされた直人と綾乃の絆は
好みが分かれるところかもしれませんが
時間の経過を忘れさせてくれる一冊でした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 三上延 椎名優 モーフィアスの教室

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!