最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[VOCALOID]ブラック★ロックシューター

歌:初音ミク
作詞:ryo
作曲:ryo
イラスト&動画:huke




-------------------------------------------------
痛いよ 辛いよ 飲み込む言葉

ブラックロックシューター 動いてこの足!

-------------------------------------------------

VOCALOID曲の押しも押されぬヒットメーカーなryoさんの新曲。
アンチの数も半端じゃないし、
再生数&マイリス数の伸び方は確かに異常な気もしますが、
それでもこの方の作る曲がとても素敵なことに変わりはないと思います。

絶望にくじけそうになった少女が再び立ち上がる歌?
ほとばしる必死な疾走感に震えがきました。
曲だけではなくPVの質も鳥肌ものです。
この組み合わせは強烈過ぎ。

自分の脳内では密かに小説「ウィザーズ・ブレイン」の
登場人物の一人、サクラのイメージ動画として変換されていたりします。
黒髪ツインテール+黒コート+火力高そう+孤独な戦い+でも今は独りじゃない!
なところがイメージぴったりなのですよ。



スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 音楽 VOCALOID 初音ミク ryo huke ブラック★ロックシューター ウィザーズ・ブレイン

[ドラマCD]バカとテストと召喚獣

キャスト:吉井明久(下野 紘)、姫路瑞希(中原麻衣)、島田美波(清水香里)他
発売元:MOVIC


========================================================

「アキ、現世にお別れの挨拶だなんて、良い覚悟じゃない」

「明久君、男らしいです」

「……雄二、さようなら」


========================================================

ファミ通文庫から出ているライトノベル
バカとテストと召喚獣」のドラマCDです!

ドラマCDになってもやっぱり「バカ」でした!!

構成は前半が原作1巻を振り返るダイジェスト、
後半が登場人物の一人、秀吉を"ヒロイン"とした
オリジナルストーリーとなっており、
間には原作でも恒例の「バカテスト」。
最後には参加声優陣によるバカテストも!!

1巻のダイジェストはヒロインによる
少女漫画的妄想を挟みつつハイライトを
コンパクトにまとめてあります。
どの声優さんも全く違和感なし。
素晴らしいです!
欲を言えば木下姉も出して欲しかった…!
こちらは2作目とかアニメ化を期待してね
ってところだったりするのでしょうか?

後半は主人公の明久とヒロインたちよりもヒロインしている少年、秀吉が
休日に"デート"!?というお話。
地味に出番が多い脇役、須川と
いい感じにバイオレンス色に染まってきている
正統派(だったはずの)ヒロイン、瑞希が
いい味出しています。
少年漫画的な友情も絡んできたりと
盛りだくさんな内容となっていました。

最後の声優陣によるバカテストは
ちょいとばかしスベり気味なところもありましたが、
全体的にはファンサービス精神旺盛な感じで
とても楽しめた一枚でした。

タグ: ドラマCD 井上堅二 葉賀ユイ バカとテストと召喚獣

[小説]ぶよぶよカルテット

作者:みかづき紅月
イラスト:refeia
レーベル:一迅社文庫


放課後。
不意に耳に届いたどこか心惹かれるピアノの音を辿っていくと、
その先の音楽室にいたのは学校一の変わり者と名高い先輩、
音城トリルだった…
といった感じで始まる音楽系ほのぼの小説。

同じ音楽を題材にした小説でも杉井光の
「さよならピアノソナタ」のような
熱く突っ走るようなノリではなく、
クラシックよりに割とまったりのんびりとした
心和む雰囲気の作品です。

ヒロインの音城トリルは憧れの作曲家の
トレードマークである帽子をいつもかぶり、
どんなときでも自分の好きなこと最優先で、
思ったことは周りの空気もおかまいなしに
スパスパ言う破天荒な性格なのですが、
その一方で自分が周囲からどう見られているかを
しっかりと自覚していてしかも内心結構それを気にしているけど
あえて歩き方は変えない、という
いそうでいなかったタイプなように思えます。
そしてときおり主人公相手にのぞかせる小悪魔的な部分。

個人的にこういうキャラは結構ツボです。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 一迅社文庫 みかづき紅月 refeia ぶよぶよカルテット

[小説]リトルバスターズ!SSS vol.1 クドの細腕繁盛記

作者:糸井健一、児玉新一郎、相馬崇
イラスト:ひづき夜宵、にの子、水島空彦
レーベル:なごみ文庫


ゲーム「リトルバスターズ!」の外伝的な短編を
三本収録した一冊です。

草野球の練習もそこそこに抜け出して
どこかへと向かう挙動不審なクドリャフカを追跡!
「クドの細腕繁盛記」

理樹を中心にリトルバスターズ男子メンバーへ
突き刺さる女子からの好奇の視線。
原因を探る理樹たちが見たものは!?
「となりの西園さん」

目が覚めると何故か10歳の身体になっていた
来ヶ谷唯子。
しかしそんなことで焦ったり落ち込んだりする
彼女ではなく…。
「くるがやゆいこ、十さい」

いずれもゲーム本編を知らないと
登場人物の関係や趣味嗜好がつかめるまでは
面白さ半分になってしまうとは思いますが、
それだけにどの作品も原作の雰囲気を大事にしたものに
仕上がっているように思えます。
「ああ、確かにこの場面ならこの人物は
こういう言動をとるだろうな~」
と、納得させられるものばかりでした。
完全にファンサービス。

それにしても本編主人公の直枝理樹は
屈折した形で女性陣に大人気。
ヒロインの一人、クドリャフカと共に
思い切りみんなのおもちゃ扱いです。

最近のラノベ世界では女装が流行っているのでしょうか…?

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル なごみ文庫 糸井健一 児玉新一郎 相馬崇 ひづき夜宵 にの子 水島空彦 key リトルバスターズ!

[小説]タザリア王国物語4 獣面の暗殺者

作者:スズキヒサシ
イラスト:あづみ冬留
レーベル:電撃文庫


---------------------------------------------
ずっと隠れていることなんて不可能よ。
ジグリット、

どこにいようと捕まえるわ


---------------------------------------------


これまた一部の人たちを狙い撃ちにしそうな表紙…。

バルダ大陸という架空の大陸を舞台に
繰り広げられる戦記ファンタジー第四章です。

はい。みんなの女王様アイドル、
リネア様は今日も元気であらせられます!

片足を失った主人公ジグリットのために
献身的な介護を行い(命令したのはリネア様ですが)、
ジグリットに秘密で二人お揃いの
指輪を作ってみたり(材質はアレですが)、
ジグリッドと離れたくないあまり
不死身の狂戦士をつい解き放っちゃったり、
勘違いからジグリットへの復讐に燃える少女
ナターシに更に焚き木をくべてみたり。

ですが、こんなにも一途なリネア様の愛情も届くことはなく、
ジグリットはイケメン商人と手に手をとって
二人で遠くへと逃げ去ってしまいます。

それでも「手に入らないのならいっそ…!」と
ならないところがリネア様が他の
ヤンデレたちと一線を画すところ。

果たして炎のヤンデレ、リネア様は無事に
獲物を仕留めることができるのか?

そしてこのシリーズにおいてヤンデレっぷりでは双璧をなす
可能性を秘めた黒いあの人の逆襲はあるのか?
(あとがきを読む限りでは期待がもてそうです)

タイトルのタザリア王国の興亡よりも、
そちらの方が気になって仕方がありません。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 スズキヒサシ あづみ冬留 タザリア王国物語

[ゲーム]うみねこのなく頃に Episode2

製作:07th Expansion


>------------------------------------------
推理は可能か、不可能か。
------------------------------------------

「解かせる気は毛頭ない」と言い切る
一部で超超超有名なミステリゲーム第二弾!

と言っても時間軸が前作から続いているわけではなく、
同じ場所、同じ登場人物、同じ時間軸内で展開される
パラレルワールド(と書くと微妙にニュアンスが違ってきてしまう気もしますが)で
やはり前作と同じ「魔女」が絡む凄惨な連続殺人事件が発生します。

犯人は一体誰か?
ではなく、
人間にこの犯行は可能か否か?

あくまで人間の手によるものであることを
主張し続ける主人公の右代宮 戦人(うしろみや ばとら)。
しかし、それをあざ笑うかのように
人間達の前に姿を現した"魔女"は
次々と予言どおりに生贄たちの命を奪っていきます。

Episode1ではあくまでミステリっぽい雰囲気を
保っていたのですが、今回は
完全にB級ダークファンタジー展開。
ただ、それが全て主人公が見ていないところで
発生しているあたり"イメージ映像"ということに
なるとは思うのですが……。
自分には真相はサッパリ。
見事に"魔女"に屈服してしまいました。

無理に真相を探すよりも、
今回スポットがあたっっている紗音&嘉音の変化と
「ひぐらし」にも出てきたとあるキャラ(と思われる人物)の
思わせぶりな台詞を堪能する方が
素直に楽しめるかも…しれません。

テーマ: うみねこのなく頃に
ジャンル: ゲーム

タグ: ゲーム 同人 竜騎士07 うみねこのなく頃に WHEN_THEY_CRY

[小説]とある飛空士への追憶

作者:犬村小六
イラスト:森沢晴行
レーベル:ガガガ文庫


---------------------------------------------

生き残るのも共に。堕ちるのも共に。

---------------------------------------------

凄い。凄い!凄い!!
この作品がもし映画化されることがあるならば、
アニメでも実写でも何度だって観に行きます。
Blue-rayで出るのならプレーヤーだって手に入れます。

……ああ、でもやっぱそんなことはして欲しくないかも。
そんな微妙なファンゴコロ。

舞台は「大瀑布」と呼ばれる、
どこまで続いているのかわからない長大な滝によって
大きく二つに区切られた世界。

互いに争いを繰り返す
二つに分けられた世界の片方に属する飛空士、
狩野シャルルに一つの命令が与えられます。

「次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、
中央海を単機敵中翔破せよ」


339ページという、一冊のライトノベルとしては
平均的なサイズの中にこれでもかこれでもかと続く、
読みどころの数々。

圧倒的な戦闘力をもつ敵機の編隊の追跡を
武装を殆どもたない状態でくぐり抜ける
"動"の部分。

一日の行程を終えた夜や、
最難関と思われる地点を乗り越えた後の
機体整備の間に主人公とヒロインとで
小さなやり取りが交わされる束の間の
"静"の部分。

そして訪れる旅の終わり。

美しい。美し過ぎます。
美しいという言葉はこの物語のラストシーンのために
あるんじゃないかと思えてしまうくらい。

中盤でヒロインが自分の気持ちを上手く表現する言葉が
見つからずにもどかしがるシーンがあるのですが、
この作品を前にした自分の気持ちも全く同じ。

素晴らしい一冊でした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ガガガ文庫 犬村小六 森沢晴行 とある飛空士への追憶

[小説]リリスにおまかせ!

作者:麻宮楓
イラスト:梱枝りこ(何て打てば変換できるんでしょう…?)
レーベル:電撃文庫


---------------------------------------------
お許しください、サタン様。
わたしは今、とってもヘルシーです……。

---------------------------------------------

主人公は表紙を飾る金髪ツインテールな
ジャンクフード大好き悪魔少女・・・ではなく、
それに仕える使い魔。
ご主人様のやる事は全て強引に好意的解釈にもっていく
逞しい鈍感メイドです。

とある戦いが原因で大半を失った力を取り戻すため、
この悪魔主従は「小さな悪事をコツコツと」をモットーに
日夜奮闘します。そんなお話。

主人公の主である表紙の少女はスナック菓子など
身体に悪そうなジャンクなものが大好物なのですが、
「サタン」とか「リリス」とか「キリスト」とか
「ミカエル」とか「ガブリエル子」とか
悪魔とか天使とか必殺技のネーミングとかもう、
この作品を構成する要素全てが
ジャンクフードな気がします。

でも身体に悪そうだろうが
太る原因になりそうだろうが、
ポテトチップスやハンバーガーはやはり美味しいのです。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 麻宮楓 梱枝りこ リリスにおまかせ!

[小説]多次元交差点でお茶づけを。

作者:本保智
イラスト:かわく
レーベル:角川スニーカー文庫


私立時狭間学園。
比較的に自由な校風をもつこの学校には
一つだけ不可解な校則がありました。

"午後七時より午前七時までの間、校内への一切の立ち入りを禁ず"

この校則を破った生徒は人知れず放逐され、
姿を消すことになるという噂までついています。

そんな夜間立ち入り禁止な学校と"同じ住所"に
住む万年居眠り少年・夜野原ミサキと
関わってしまったがために、
主人公の宇田川まひるは「多次元交差点」という
複数のパラレルワールドが交わる非日常の世界に
足を踏み入れることに。

衝動買い癖+天然な夜野原ミサキのボケボケぶりや
多次元交差点を訪れるハチャメチャな異界の住人たちに
ふりまわされる宇田川まひるの姿言動には
思わず作者様と絵師様に親指を立てて「GJ☆」と
言いたくなるものがありました。

サクっと読めるアッサリ風味な一品です。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 角川スニーカー文庫 本保智 かわく 多次元交差点でお茶づけを。

[小説]ほうかご百物語2

作者:峰守ひろかず
イラスト:京極しん
レーベル:電撃文庫


純情+頑張り屋が服を着て歩いているようなイタチさんと、
2次元世界の主人公にしては珍しく
本音の主張が恐ろしくストレート(エロくない意味で)な
絵描きバカの白塚真一を中心とした妖怪物語第二弾。

1巻と同様、50~60ページくらいの
短い話が数話並んでいる構成です。時間軸は
そのまま掲載順みたいなので読んでいて
混乱することはありません。

最近は絶滅の危機に瀕している気がする
一人称ボクな犬神使いの委員長、滝沢赤赤音(赤二つで一文字)を
迎え、主人公の天然ジゴロぶりにますます磨きがかかります!

今回の敵は「カニ」「河童」「猿」。
なんだか地味な気もしますが
ちゃんと作品の世界観の範囲に収める形で
登場させてくるところは個人的には
逆に好感度大、でした!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 峰守ひろかず 京極しん ほうかご百物語

一年

※この記事は作品の感想ではありません。

ブログを始めてから丸一年が経ちました。

「王様の耳はロバの耳ぃぃぃっ!!」と
叫ぶためにこのブログを作りました。
これからも穴掘って叫ばせていただくつもりです(^^;

こんな自己満足以外のなにものでもない
ただの感想系な当ブログですが、
この作品が好きな奴にはこういうのもいる、程度に
流し読んでやって下さいませm(_ _)m


[ニコ動]雨宿りの二人 他

歌:mitten(原曲:初音ミク)
アレンジ:mitten?
原曲:ヤスオ、OSTER project、baker、秦野


ニコニコ動画でアップされている動画の中に
「歌ってみた」というタグ付けをされている作品があります。
文字通り人間が既存曲を"歌ってみた"ものです。
メジャー曲の他にもVOCALOIDの名曲を
人間がカバーしたものも多数あったりします。

そんな「歌ってみた」シリーズの中で
自分が最近猛烈にハマッている方、mittenさん。

元の曲の空気を維持しつつ
見事なまでに歌い手さん色に染め上げた
歌とアレンジには心底惚れこみました。

「雨宿りの二人」のようなしっとりしたバラードから
「DreamingLeaf」みたいにアップテンポな曲、
更には洒落た感じの「ミラクルペイント」に
艶やかな和風曲「月花ノ姫歌」まで
作風も多彩です。

聞いた話によると別名で同人活動も
やっていらっしゃるとか。

追いかけていきたい歌い手様が、
また一人増えました!






テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: VOCALOID 歌ってみた mitten 初音ミク OSTER baker 秦野

[小説]メグとセロンII-三三〇五年の夏休み-

作者:時雨沢恵一
イラスト:黒星紅白
レーベル:電撃文庫


こんな奴、少女漫画にだっていねーよ!!
と言いたくなるくらいに完璧超人なのに
全く嫌味のない主人公、セロンと
その想い人にして、前作「リリアとトレイズ」の
主人公リリアの親友、メグの物語第二弾。

多分、「アリソン」から続くシリーズの中で最も
地味なエピソードです。
空中戦も列車も銃撃戦も巨大な陰謀も殆どなし。
あるのはちょっとした殴り合いくらい。

だが、それがいい!!
と思わせられるものがあります。

これまでのシリーズで語られていたとある大きな戦争の
終結直前~戦後しばらくの間に起きた
ちょっと哀しい事件。

はからずもそれに首を突っ込むことになった
メグとセロンたちが見つけた解決方法は
ちょっぴり青臭さも漂ってはいますが、
それだけに心温まるものがありました。

時雨沢恵一=意外と殺伐とした世界観
というイメージがありましたが、
それに少しだけ修正をかけることになりそうな
作品でした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 時雨沢恵一 黒星紅白 メグとセロン

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!