最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]終戦のローレライI

作者:福井晴敏
レーベル:講談社文庫


第二次世界大戦末期。
アメリカ軍の潜水艦に追い立てられながら辛くも日本にたどり着いた
ドイツの潜水艦「UF4」。
その潜水艦が積んでいた謎の兵器、通称「ローレライ」を巡って
米軍、日本軍、そして日本に接収されたUF4、日本名「伊507」の乗員たちの
運命が絡み合います。

「ローレライ」とは?
伊507艦長、絹見とその弟の過去とは?
絹見と伊507、その乗員たちにローレライ回収を命じた浅倉の真意とは?
ドイツ人と日本人のハーフにして異例のナチス親衛隊出身の青年
フリッツとローレライの間の秘密とは?
訳も分からないまま親友・清永と共に伊507に乗ることになった
新米兵、折笠に課せられる予定の「大任」とは?

全4巻構成のまだ1巻なせいか、謎は散りばめられるだけ散りばめられたまま
伊507の船出とともに次巻に続いています。

戦闘中でなくてもビシビシ伝わってくる劇中の緊迫感。
本性も過去も先の運命も明らかになっていないものの
一癖も二癖もありそうな登場人物たち。
がっちりハートをつかまれました!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 終戦のローレライ 福井晴敏 講談社文庫

[小説]アクセル・ワールド1-黒雪姫の帰還-

作者:川原礫
イラスト:HIMA
レーベル:電撃文庫


新人作品にも関わらず最初からタイトルに「1」という
シリーズ化前提の数字がついており、
電撃からの期待の高さが伺える大賞作品です。

さすが大賞…!と思わず唸りたくなる
面白い作品でした。

ゲームの腕くらいしか自慢できるものが無いいじめられっ子にも、
クールで美人で何をやらせても完璧な生徒会副会長にも
万能イケメンにも
元気印な幼馴染にも
みんな等しくそれぞれ本人なりの劣等感などの悩みを
抱えている、という点が強く強く伝わってきました。

「ニューロリンカー」などの設定はウィザーズ・ブレインなどを
彷彿とさせられますが、こちらはヴァーチャルに徹しているため
ゲーム的な何でもアリの方向に特化しています。

昨日の敵は今日の友、ないい意味で往年のジャンプ的展開を
見せつつ主人公陣営の中心人物が出揃ったところで
この巻は終わり。

今後の展開に要注目、です!!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 川原礫 HIMA アクセル・ワールド

[小説]ロウきゅーぶ!

作者:蒼山サグ
イラスト:てぃんくる
レーベル:電撃文庫


憧れだった先輩のロリ疑惑により
バスケ部が休部となり、
失意のどん底にいる主人公の長谷川昴。

そんな彼に教師をやっている歳の近い叔母が持ちかけてきたものは
小学生の女子バスケチームのコーチ!?

オビの推薦文に時雨沢恵一が書いているとおり、
この御時世にこんな設定の作品に賞を出してしまう
電撃文庫に拍手、です。

しかし、中身は意外とまとも(ほめ言葉)。

ス○ムダンクばりの意地と信頼がぶつかり合う熱血展開があったり、
(ラストシーンは「木暮先輩ーーーーーーっ!」と叫んでしまいました!)

幕間に挟まれる"チャット"から主人公の視点からは見えない
隠れたドラマが垣間見えたり、

メインメンバーが小学生女子、
相手は思春期さしかかり気味の小学生男子
ということを生かした策略も加わったりと
公式試合ですらない、只の校内練習試合にも関わらず
非常に熱く読み応えがあるように思えました。

いい意味で予想を裏切られた一冊!!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 ロウきゅーぶ! 蒼山サグ てぃんくる

[小説]嵐が丘

作者:エミリー・ブロンデ
訳:鴻巣友季子
レーベル:新潮文庫


150年以上前に書かれた古典恋愛小説という
普段の自分ならまずスルーしてしまうであろうジャンルなのですが
野村美月、三浦しをん、桜庭一樹という
超が付くくらいに好きな作家様がたがそれぞれの著作で
触れていたのに興味がわき、図書館にてゲット。

(どうでもいい話ですが、作者名ABC順で並べらた海外小説の場合、
E・ブロンデなら「E」ではなく「B」の欄に並ぶということを
私めはこの時初めて知りましたorz)

さてその内容はと言いますと、

・8割以上が罵声と愚痴と復讐でできているお話。
・女は弱いけど男はもっと弱いというお話。
・筋金入りのストーカーも二次元世界でなら
 それなりに人を泣かせてくれるものらしい、というお話。

野村美月は「"文学少女"と飢え渇く幽霊」でこの作品を
ミスリードの仕掛けとして使っているのですが
そこで語られる「嵐が丘」は孤独で思い込みの激しい男と
その想い人&自分を見てもらえない娘の哀しく激しい恋物語。

三浦しをんが「夢のような幸福」の中で紹介する「嵐が丘」は
純情で素朴で野性味溢れる青年ヘアトンの苦悩と
ヒースクリフ×ヘアトンを妄想する萌え小説。

どっちも、どっちも、、、

同意できねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!

だって、だって、

キモいよヒースクリフ!!
卑屈過ぎだよヘアトン!!
空回り過ぎだよイザベラ!!
一人でいい子になり過ぎだよエドガー!!
どんだけツンデレでヤンデレだよキャサリン(母)!!
鬱陶しいよキャサリン(娘)!!
ひねくれ過ぎだよジョウゼフ!!
蹴り飛ばしてやりたいよリントン(子)!!
それ何て「家政婦は見た」?エレン!!
酒は飲んでも飲まれるなヒンドリー!!

のっけから荒れ狂う恨み節とイジメと罪の押し付け合い。暴力も少々。
正直半分過ぎまで読むのが苦痛だったのですが、
それでもラストまで何だかんだ言いつつ読んでしまったり
あんだけウザかったヒースクリフが最後には

ヒースクリフぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!(ToT)

となってしまう辺りは恐るべし古典名作マジック。

てっきり両想いだと思っていた女性が
他の男(知り合い。しかもいけ好かないと思っている奴)と
結婚してしまった挙句にその旦那の金で養ってやるから
有難く思え、と言わんばかりのことを宣告され
ガッツリとやさぐれてしまったヒースクリフ。

想い人が亡くなってからも尚続くことになる復讐の果て。
最後に彼が見ていたものは?
一応ハッピーエンドな終わり方を迎えることにはなるのですが、
後味はちょいとばかし苦めなのでした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: エミリー・ブロンデ E・ブロンデ 嵐が丘

[小説]ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊<中>

作者:三枝零一
イラスト:純珪一
レーベル:電撃文庫


待ちに待ったウィザーズ・ブレインシリーズの最新刊!!

「魔法士」の誕生に深く関わった三人の一人、ウィッテンの視点で
描かれる過去編ではこれまで語られていなかった
物語の根幹に関わる秘密が徐々に明かされていきます。

一方、地上では交錯する事態の中心となっている村と
その下に眠る施設を巡って主要人物地上組が
シティに対して巨大なハッタリを仕掛ける!

戦闘シーンがほんの少ししかないにも関わらず
相変わらずの読み応えでした。

天上の衛星に眠る秘密、
再び戦線離脱の可能性が出てきたファンメイ、
若干不穏とも思える気配を見せるセラなど
下巻の展開にも目が話せません。

ちょっと気に入ってしまったのが
今回初登場で脇役にも関わらず挿絵つきで登場した
ソフィ・ガーランド中佐!
能力が裕一と被ってしまっていますが、
佐官の肩書きがあるのに実直でお人よしな彼女の
今後の活躍を期待したいです。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 三枝零一 純珪一 ウィザーズ・ブレイン

[小説]ばけらの!2

作者:杉井光
イラスト:赤人
レーベル:GA文庫


ライトノベル小説家・ヒカルと
愉快な化け物作家仲間たちの無茶苦茶な生態を
楽しむシリーズ第二弾。

2巻ともなると作家ネタは忘れてフツーに
作品を楽しんでいる自分がいます。

ネタに走りまくったキャラ設定とは裏腹に
意外とシリアス展開を見せてくれています。
クライマックスは主人公がうだうだと散々回り道をした末に
本人なりの答えを見つけて突き進む。
杉井光の小説を読んでいるなぁ~、と実感させられます。

そして最後はヒカルとイヅナのやり取りに
ニヤニヤするところに落ち着くのです。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル GA文庫 杉井光 赤人 ばけらの!

[CD]アネモイ

歌:eufonius
作詞:riya
作編曲:菊地創


なんだか久々な気もするeufoniusのシングル!
「風」を意味する曲名通り、駆け抜けるように爽快な歌でした。

ちょっと荘厳な雰囲気の出だしから
riyaさんのコーラス、
そこから始まる透き通ったイメージの歌い出し、
徐々にアクセルが入っていって最初のサビへ。
いい意味でアニソンしているように思えます。

この曲がOPを飾っているアニメはまだ観たことがないのですが、
是非とも映像付で聴いてみたい作品です。

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: eufonius riya 菊地創 アネモイ 空を見上げる少女の瞳に映る世界

[小説]ラノベ部2

作者:平坂読
イラスト:よう太
レーベル:MF文庫J


===========================================================

「じゃ、まあ、これからもよろしくね、龍ちゃん」

「ああ」

===========================================================

軽小説部。通称「ラノベ部」の面々が
まった~りと過ごす日々の一部を切り取ったまったり小説第二弾。

新登場のマイペース留学生、リアと
シスコン通り越して姉を崇め奉っている少女、雪華も
交えた話の合間合間にラノベ部創設時のエピソードが
はさまっている構成です。

RPGや少年漫画でも主人公たちの先輩、親、先代、前世なんかの
エピソードが語られることがよくありますが、
こういう先人たちメインの話というのはグッとくるものが多いです。
この物語もその一つ。

いやもう、登場人物の一人、竹田が切なくて切なくて・・・っ!!
終盤の一場面は暖かい話なのに泣かせてくれます。
ピッタリの挿絵もまたこれ以上ないタイミングで入って、
作者も絵師さんも編集もデザインもGJ!!と叫びたくなります。

創部話があまりにも良すぎて
新キャラが若干かすんでしまったような気さえ
してしまうのですが、こちらは次巻以降に期待、です!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル MF文庫J 平坂読 よう太 ラノベ部

[VOCALOID]ワンダーラスト

歌:巡音ルカ
作詞作曲:sasakure.UKささくれP



またもやVOCALOID曲の感想。
ラスボス直前の雰囲気を漂わせるイントロから始まり
何度も何度も想像のななめ上をいく展開を見せるピコピコサウンド!!

スーパーファミコン世代にオススメ!
この8bit感がたまりません。

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 巡音ルカ ワンダーラスト sasakure.UK ささくれP

[VOCALOID]siGrE

歌:鏡音リン鏡音レン
作詞:(引用or参考?)佐藤春夫
作曲:ssuzukkiすずきP



和風ロック(?)な曲は時々ストライクを突かれるのですが、
この曲にはストライクを貫かれました。

ダンス(「舞」と言った方がいいのかも)系の要素も混じっているのか、
聴いていると自然に体が音に合わせて動いてしまいます。
格闘ゲームとかで流れたらすんごい燃えそう。
声の力強さに定評がある人とかが歌ったら更に熱そう、です!

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 鏡音リン 鏡音レン ssuzukki すずきP siGrE

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!