最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]秋期限定栗きんとん事件(上・下)

作者:米澤穂信
レーベル:創元推理文庫


身の程をわきまえない噛ませ犬君に
甘いものと復讐が大好きなヒロイン・小山内ゆきが
鉄槌を下すお話。

一気に読んでしまったので上下巻まとめての感想になります。

前巻で袂を分かった小鳩常悟朗と小山内ゆき。
そんな二人にそれぞれ相方ができて・・・という、
何やらラブコメ臭漂う展開でスタートする本作。

でも甘爽やか青春小説な小鳩君は小鳩君ではありません。
誰かのために尽くす小山内さんは小山内さんではありません。
やっぱり罠と推理で相手を叩き潰さないと。
そんな本性を二人が改めて認め合い、言い訳しながら
受け入れあう場面は必読です。


上巻丸ごとつかってこれ見よがしに張られた伏線の大部分が
実は本当の伏線を隠すためのダミーだったり
発生する事件の犯人が最初から最後まで脇役以下の扱いだったり
主要人物3人が終盤やたら素直なところを見せてくれたりと
"どんでん返し"と"収まるところに収まる感じ"が
程良く混ざった素敵な作品でした。

恐らく次の「冬期限定」でこのシリーズも最後になるのだと思いますが、
一筋縄ではいかない彼&彼女がどういう結末を
見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 米澤穂信 創元推理文庫 小市民シリーズ 秋期限定栗きんとん事件

[小説]彼女は戦争妖精2

作者:嬉野秋彦
イラスト:フルーツパンチ
レーベル:ファミ通文庫


「楽園」へ行く、という本能をもち、
そのためには「鞘主」と呼ばれるマスターと共に
同種を倒して力を吸収し続けなければならない、という
お気の毒すぎる宿命をもつ戦争妖精(ウォーロード)。

そんな戦争妖精の一人であるクリスタベルと
その鞘主となってしまった宮本伊織は
新しい鞘主&戦争妖精は
またもや望まないはずの戦いへと首を突っ込んでいく
ことになります。

主人公たち人間サイドのキャラが時折見せる
他社への妙な突き放し方や
強さにかなり明確な線引きの設定があるにも関わらず、
弱いはずなのに何やら勢いだけで
最後の戦いにも勝利してしまっているあたりに
ちょっとした違和感を感じてしまうのですが、
それでもすいすいと読めてしまう引力&読みやすさが
あるのは確か。

続刊があるのならあまりにも報われていない
あのキャラとかにももっと愛を!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 嬉野秋彦 彼女は戦争妖精 フルーツパンチ

[小説]香乱記(四)

作者:宮城谷昌光
レーベル:新潮文庫


第一印象はガンダム系アニメ第4クールの後半展開。
主要人物が次々と倒れ、平和は訪れるものの
どこか哀しさの残る結末を迎えます。


楚漢戦争も終盤に差し掛かり、
圧倒的な強さを誇る項羽の軍にも屈することのなかった
田横たちが治める斉でしたが、
とある騙まし討ちにより一気に崩壊へ。

秦のように法で縛り上げるのでもなく、
項羽のように破壊し尽くすのでもなく、
劉邦のように偽り続けるのでもない、
そんな理想の国造りはほんの僅かな間、限りなくそこに近づいたものの
最後には東北の果てで泡となり、
田横の死と共に僅かな痕跡を残して消滅してしまいます。

「不屈の人」と言われつつ
意外と自虐的になったり絶望したり錯乱したりする
田横の人間くさい部分も含めて、「こんな人物があの時代にいたのか!」と
驚きと関心の連続だった全四冊でした。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 宮城谷昌光 新潮文庫 香乱記 田横

[小説]ラプンツェルの翼II

作者:土橋真二郎
イラスト:植田亮
レーベル:電撃文庫


「プログラム」をどうにか生き残ることに成功した
奈々と遼一。
しかし、「宿主を食わない」というイレギュラーな
クリアをした奈々には次のテストが強制的に課されてしまいます。

ゲームというにはいささか冷酷すぎる
理不尽な課題の数々。

"この問いの真意は何か?"

生き残るために、色々なものを捨てつつも
それでも失いたくないもののために
最善を尽くし続けるヒロインの姿は
グッとくるものがありました。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 土橋真二郎 植田亮 ラプンツェルの翼

[小説]女帝・龍鳳院麟音の初恋3

作者:風見周
イラスト:水月悠
レーベル:一迅社文庫


ラブコメの王道展開、"恋のライバル"登場!!
欲望への正直さも含めて全てのスペックで上をいく敵に対して
主人公はどう立ち向かうのか!?

・・・なのですが、ある意味ワンサイドゲーム。
端からライバルさんは勝負になっていない感じでした。
相変わらず薙刀ブンブン振り回して主人公をボコボコにしている
ヒロイン・麟音ですが、その姿は
ご主人様にじゃれついたり拗ねたりする子犬そのもの。
3巻にして早くもデレ成分がツンの方を大きく凌駕しつつあります。

終盤に出てくる台詞、
「悠太のを消したら…私のケータイのアドレス帳は……なにもなくなっちゃう……」
は現実でこんなことを言われたら逆にひいてしまいそうですが
この小説の世界においてはかなりの破壊力でした。。。

サブヒロインの姫神美麗のデレっぷりもますます加速し、
更には第三のヒロインの影までちらつき、
いよいよギャルげーらしくなってまいりました!!(ほめ言葉)

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 一迅社文庫 風見周 水月悠 女帝・龍鳳院麟音の初恋

[小説]香乱記(三)

作者:宮城谷昌光
レーベル:新潮文庫


その信義によって斉の国を復活させた
田横&旗揚げ前から従い続ける配下たちと
兄・田栄、従兄の田儋。

その国を支える一角がついに崩れるときがやってきます。
そして秦末期の序盤を飾った名将たちが次第に倒れていく中、
頭角を表し始めた楚漢戦争の主役、項羽と劉邦。

その他にもまだまだ残っている猛者たちがうごめく動乱を
地味ながらも一貫した姿勢で切り抜けていく
田横たちの姿はなかなかに清々しいものがありました。

既に決まっているはずの結末は未だ見えず。
最終巻へと続きます。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 宮城谷昌光 新潮文庫 香乱記 田横

[同人誌]chiisana+

作者:めい
レーベル:なし(同人誌)


5/17に行われたイベント「THE VOC@LOID M@ASTER 8」で
手に入れた一冊。

ボカロ一家に新しく巡音さんがやってきた、というお話。

赤面しながら「こ、このブタ野郎!」と無理矢理言わされたりする
いたってフツーのお姉さん(小動物系)な
自称・結構純情な乙女こと巡音ルカと、
やたらいい笑顔で鞭について語る初音ミクが
激しくツボでした。

VOCALOID系同人誌は
やっぱりほのぼのギャグ系がグッときます。

テーマ: 本の紹介
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 同人作品 漫画 chiisana+ VOC@LOID_M@ASTER

[小説]香乱記(二)

作者:宮城谷昌光
レーベル:新潮文庫


始皇帝が病死し、
遺言の捏造で後を継いだ胡亥。
宦官の言いなりになるままに
悪政を重ねる二世皇帝に対し、ついに反乱の火の手があがります。

反乱というよりは革命軍とも言うべき勢いで進軍を続ける陳勝&呉広、
かつて秦に滅ぼされた楚の末期を支えた名将の血を引く項梁&項籍、
吹けば飛ぶような小勢力ながら存在感を見せる劉邦、
混乱の中、やはり秦に滅ぼされた国、斉を復活させた田横たち、
その他、どさくさ&成り行き上「王」を担ぎ上げて勢力を築く各地の猛者たち。

そして秦のため、というよりはある種の自己実現のために
機転をもって手に入れた大軍を率い、
各地で反乱軍を蹴散らしてまわる章邯。

主力は遠い北の方にあり、大した兵力が残っていないはずの
秦の首都を目前にした反乱軍の前に
突如として章邯率いる大軍が現れるシーンは、
短いながらも章邯の手際&内外との駆け引きの鮮やかさと
反乱軍側指揮官である周文の驚きが
強く強くこちらに伝わってくる名シーンだったと思います。

最終的には劉邦率いる漢が勝利することは確定しているわけですが、
この巻での状況は混沌としたまま。
それぞれの勢力がそれぞれの爆弾を抱え、
誰がこの混乱を制するのか、未だ見えません。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 香乱記 宮城谷昌光 新潮文庫

[CD]Emotions

歌:はな
作詞:はなminato
作編曲:ニゴロウKTGminatoしゃな小林オニキス


はなさんことforestの2ndアルバム!
・・・この方、他にも「うさころにー」とかニコニコとか
沢山作品を発表していらっしゃるので
まだ2ndだったのか!?と驚いてしまいました。

全体的にジャケ絵のような黒とワインレッドが似合う
クールに熱いアルバムとなっております!

Tr.2 「spiral」
ネオンが輝く夜景の中をハイスピードでかっ飛ばしたくなる
疾走感あふれる刹那的なカッコよさをもつ曲!

Tr.6 「RPG」
ぽかぽか陽気な中を自転車こぎながら聴くと
とても気持ちよさそうな曲!
サビの爽やかアップテンポなリズムは中毒性高し。

Tr.8 「となり」
何故か真っ先に思い浮かんだキーワードは「卒業」。
歌詞を見てもそういう歌ってわけではないのに不思議。

Tr.9 「たとえば明日世界が終わるなら」
作編曲者の名前を見てビックリ!
「サイハテ」とは大分イメージは違う、
自嘲気味に、でも前向き。・・・やっぱり後ろ向きかも、な歌。
何やら予想がつきにくい展開を見せてくれる作品です。

Tr.10 「for you」
ピアノをバックにしっとりと歌い上げる穏やかな歌。
アコースティックギターで弾き語り、というスタイルでも合いそう。

ささやかな日々を送れますように。

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 同人音楽 はな forest Emotions minato 小林オニキス KTG ニゴロウ しゃな

[小説]バカとテストと召喚獣6

作者:井上堅二
イラスト:葉賀ユイ
レーベル:ファミ通文庫


おバカすぎる掛け合いと
どんどんバイオレンスになっていくヒロインたちが
魅力的なバカシリーズ第6弾!

仕様(?)により怪談形態になった召喚獣をダシにして、
補習を逃れる狙いも含めて
吉井明久ら補習参加の二年生と三年生て
きもだめしも兼ねたバトルが勃発します。

兎にも角にも、「ぬりかべ」が
召喚されるシーンに大爆笑!
空気を読みすぎる召喚獣のチョイスに
思わず拍手してしまいました。

その他にも笑えるシーンは相変わらず随所に
散りばめられているのですが、笑うというよりは
各キャラに割り当てられる見せ場、台詞などなど、
上手な人の将棋指しを見ているような気分になる
キャラ配置に感心してしまう、といった感覚の方が
個人的には強かったです。

アニメ化も決まってますます勢いづく本シリーズ!
続刊も楽しみです!!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 バカとテストと召喚獣 井上堅二 葉賀ユイ

[小説]スイート☆ライン

作者:有沢まみず
イラスト:如月水
レーベル:電撃文庫


この作者様が書く"臆病だけど芯は強い、一途な女の子"の
破壊力はかなりのものがあると思います。。。

有沢まみずの新シリーズは
無口で男性恐怖症、
男が近づくとついバチ!とやっちゃう天才声優な少女と
頑張っている才能のある人間を見ると
全力で応援せずにはいられない熱血漢を中心に
繰り広げられるドタバタコメディ。

ライトノベルというよりは良質なギャルゲーを
やっているような気分になる作品です(^^;

ヒロインたちが魅力的なのは勿論ですが、
主人公もなかなかに好人物。
ライトノベルに多い受身勝ちなタイプでもなければ
埋もれた才能や隠された力、欝な過去をもっているわけでもないのですが、
今もっている自分の力でもって進んで道を切り拓こうとするタイプ。
読んでいて爽快になります。

これといった大どんでん返しはありませんが、
主人公の花沢正午と、夢のために男性恐怖症を克服したい新島永遠が
二人三脚でゆっくりと坂を上り続ける、
そんな見守りたくなるような印象を受けました。
感情を揺さぶられる幅は小さめですが
その分安心して読み進めて最後に「ええ話や~」で
終わることができます。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 スイート☆ライン 有沢まみず 如月水

[VOCALOID]idola

歌:初音ミク
作詞:桃華なゆた
作曲:river


これはいいトランス!!

と、思わず感想を書いてみたくなってしまいました。
「もっと評価されるべき」タグがこれほどふさわしい曲も珍しい!!
と叫びたくなってしまいます。

底をガッシリと支え続ける重低音、
後ろでピコピコ、ギュオー・・・ンと鳴り続ける電子音、
ノりやすいリズムでテンションを上げてくれる初音ミクのヴォーカル。
かなりの中毒性です!!

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 初音ミク 桃華なゆた river idola

[CD]Mirage

歌:Ane
作詞:Futada Misaki、Ane
作曲:Naoya Karato、Ane
編曲:Naoya Karato
サークル:VARS


5月5日に行われた同人音楽イベント「M3」で手に入れた一枚。
オリジナルが3曲、アレンジが1曲の
全4曲が収録されたシングルです。

Tr.1 「Mirage
7分13秒という長さを長いと感じさせない
メリハリのある爽やかに勢いのある歌。
I've系が好きな方にオススメしたい作品です。

Tr.2 「i + i」
「中田ヤスタカのサウンドを真似てみようとして、」と
ホームページで作曲者の方がおっしゃっている通り、
いい意味でPerfumeっぽいノリです。
だけど「結局あまり真似にならなかった」とやっぱり作曲者本人が
おっしゃっているように、それだけではなさそうな要素が色々混ざっている感じで、
聴いていると何だか楽しくなってくる、踊りたくなってくる作品です。

Tr.3 「ライライフキミ -la creperie mix-」
収録曲の中で最も歌が頭に残る作品なんじゃないかと思います。
小気味よく刻まれるリズムとポイントポイントで入るピコピコ音、
そして大人っぽいけどどこか可愛らしい感じもする歌が魅力的。
間奏のソロ演奏もいい味出してます。

Tr.4 Light colors -ever green style-
リトバスでもアニメ版CLANNAD After Storyでもなく
「智代アフター」からのアレンジ。
原曲よりもスローテンポでどこか物憂い雰囲気。
そして何やら演歌っぽい(これは本当に自分がそう感じただけなのですが)
要素が混じっているような気もする
独特なノリのアレンジとなっております。

今まで存在を知らなかったサークルさんなのですが、
これからはガッツリとチェックしていきたいです。
旧譜の方も手に入れておけば良かった!!

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 同人音楽 VARS Mirage

[小説]SH@PPLE5

作者:竹岡葉月
イラスト:よう太
レーベル:富士見ファンタジア文庫


雪国が玉砕してさてこれからどうなるやら、な本編ですが、
そちらは一時お休みということらしく、
5巻はドラゴンマガジン掲載分を中心とした
短編集です。

空舟二中での舞姫のモテっぷりとその裏に隠れた
ベタだけど甘酸っぱい想いが交錯する「月光スキップ」。

芝目のホモ疑惑(濡れ衣)がますます強まる
「放課後天下無双!」。

何でもかんでも百合に結び付けてはいけないとは
思いつつやっぱり百合っぽいゲストキャラ×2の関係と
雪国の大岡裁き(?)が素敵な「召しませ、御用絵師」。

表紙の舞姫の格好の意味が明らかに!?
お宝目指して空回る妙な疾走感が素敵な「トレジャーハントGO!GO!」。

幼い頃の雪国と舞姫の関係が垣間見える「ぼく、ゆきぐに」。

胡蝶の宮のお嬢様としての矜持がカッコよすぎる
「あこがれ~イカロスの乙女たち~」。

どのエピソードも本編の人間関係や時間軸的にとばされていた部分を
補完、増幅してくれる素晴らしい短編でした。

各エピソードの後日談として挟まれる書下ろしの掌編も
いいオチがついていて和ませてくれます。

あとがきの、どこまで本気かわからない次回予告に
わくわくしつつ、6巻から始まる二学期本編を待ちたいと思います。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 富士見ファンタジア文庫 SH@PPLE 竹岡葉月 よう太

[小説]香乱記(一)

作者:宮城谷昌光
レーベル:新潮文庫


楚漢時代が舞台なのに主人公が項羽でも劉邦でも
韓信でも張良でも始皇帝でも架空の人物でもない!?
そんなところに興味がわきました。

秦によって滅ぼされた斉の王族の血を引く青年、田横。
天下第一の人相見である許負から
王になることを予言されたその時から、
彼の運命は大きな転機を迎えます。

全四巻のうちの一巻目なためか、まだ物語は大きくは動き出さず、
田横サイドの主要人物紹介と
今後の展開の前振りで終わっている印象。

法の下に苛烈な圧政を敷き続けた始皇帝が崩御するも、
陳勝&呉広、劉邦や項羽、そして田横といった役者たちが
表舞台に立つにはまだ少し時がかかりそうな気配。

次巻からの盛り上がりに期待、です。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 新潮文庫 宮城谷昌光 田横 香乱記

[VOCALOID歌ってみた]スワン(by 630)

歌:630
作詞作曲:kal
編曲:アヒル軍曹



気だるげなのに熱さも迸っている感じがする
素敵な作品。
アニメのOPでもEDでも挿入歌でもどこでもいけそう。

原曲もアレンジも素晴らしいし何よりも630さんの歌声が大好きだ!
ニコニコで作品を発表している歌い手さんの中でも
最も好きな方の一人です。

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 歌ってみた 630 kal アヒル軍曹 スワン

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!