最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[同人誌]on the stage and others:003

サークル:Nino/2no


8月29日に行われたコミティア93で手に入れた作品(初出は。
1から始まって0で終わる数値擬人化本です。

書き込んであるようなのにスッキリとした、
ロリ過ぎず大人っぽ過ぎもしない見やすい絵柄が魅力的です。

個人的にツボに入ったのは「2」と「3」の女子高生コンビと
おっとりお姉さん風な「6」と元気キャラな「7」。
そして巻末のそれぞれの人物と人間関係設定(笑)。

こういう作者様の中での設定を読むのは大好きです。
たまらんです。
ごちそうさまです。

好きな絵師様が、また一人増えました。

スポンサーサイト

テーマ: イラスト
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 イラスト Nino 2no on_the_stage_and_others 擬人化

[小説]バカとテストと召喚獣8

作者:井上堅二
イラスト:葉賀ユイ
レーベル:ファミ通文庫


バカすぎる嫉妬と誤解と策略入り乱れた混戦具合が
実に楽しかったです。

そして8巻に至ってもまだ増殖する変態キャラ。
モテまくりなのにあまり羨ましいとは思えない主人公の
カリスマぶりには脱帽です。
巻が進めば進むほどどんどん主人公が常識あふれる
まともな少年に思えてきます。

そしてようやくヒロインぽい行動をし始めた姫路。
次あたりは試召戦争と並行して
美波、秀吉と三つ巴のメインヒロイン杯争奪戦、てな展開に
なったりするのでしょうか!?

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 井上堅二 葉賀ユイ バカとテストと召喚獣

[小説]這いよれ!ニャル子さん2

作者:逢空万太
イラスト:狐印
レーベル:GA文庫


「炎の転校生」登場!ということで
前巻では敵として登場したクトゥグアが
レギュラーメンバーとして加わります。

今回の舞台は「夢の世界」。
地球人の精神面を管理するというその領域で繰り広げられるのは
やはりスケールだけは宇宙クラスな庶民的トラブル。

ヒロインの破天荒ぶりは今回も健在。
それに振り回されつつも時折、拳やフォークで
バイオレンスな突っ込みをいれる主人公も健在。

後付け設定を臆面もなく出してくるかと思えば
意外なところにしっかり伏線も張られていたりする。
この締まりのなさ、節操のなさがが何とも和みます。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル GA文庫 逢空万太 狐印 這いよれ!ニャル子さん

[小説]阪急電車

作者:有川浩
レーベル:幻冬舎文庫


阪急電車今津線。

この一路線の中でささやかに繰り広げられる、
小さなドラマのバトンが読んでいて心地良かったです。

この作者様の、皮肉をきかせているのに爽やかな読後感を
残してくれる描写は本当に大好きです。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 有川浩 幻冬舎文庫 阪急電車

[小説]這いよれ!ニャル子さん

作者:逢空万太
イラスト:狐印
レーベル:GA文庫


「いつもニコニコあなたの隣に這い寄る混沌、ニャルラトホテプです」

いいな~この意味不明なキャッチフレーズ!

武器は鉄拳とバールのようなものと手榴弾。
そんな撲殺派ヒロインが愛する(?)主人公のために
暴れまわります。

クトゥルフ神話をもとにしているそうですが、
それらの知識が殆どない自分でも楽しむことができました。
「ツッコミきれるものならやってみろよ!!」と
言わんばかりの凄まじいパワーで最後までボケ倒してくれます。

読めばSAN値(正気度)が下がること間違いなし!



テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル GA文庫 逢空万太 狐印 這いよれ!ニャル子さん

[漫画]はつきあい vol.1

作者:カザマアヤミ
出版:SQUARE ENIX


「はじめての交際」をテーマにしたオムニバスストーリー。
この漫画を読むとき、感情移入をあまりしない方がいいように思えます。

彼ら彼女らに自分を重ねるのではなく、
「なにこの可愛い生き物たち」と
縁側からニヤニヤしながら眺めるようにして読むのが
個人的にはおススメな読み方です。
女の子の方は勿論、男の子の方もまとめて。

一言で要約すると、

キュンキュンきましたっ!!

時にクールに、時に可愛らしく、時に儚く、
時に小悪魔っぽく、時に子供のようにはしゃぐ女性陣。

それに振り回されつつも必死に彼女らを追いかけ、その手をつかみ、
想いをアピールする男ども。

もう、これに悶えずに何に悶えよというのか!?
と叫びたくなるくらいイイものを読ませていただきました。
眼福です。ごちそうさまでした!!

テーマ: 漫画の感想
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 漫画 カザマアヤミ SQUARE_ENIX はつきあい

[漫画]エビスさんとホテイさん

作者:きづきあきらサトウナンキ
出版:芳文社


「 毒 で も 入 っ て ん じ ゃ な い の ? 」

これはとても素敵な百合漫画!!
毒されました。大いに毒されました。

とある一部上場企業・・・の地方支社の一営業所で働くOL、布袋。
彼女が働く部署に本社から尋常じゃなく仕事ができる
同い年の女性、恵比寿真代がやって来ます。

過去に仕事で手厳しく叱責されたことがある布袋は
始めのうちは子供じみたイタズラで恵比寿に嫌がらせをしたりするのですが、
次第に彼女のことが気になって仕方がなくなり…。

憧れや劣等感や助けてあげたい気持ちがごちゃまぜになった
自らの感情に振り回されつつも恵比寿を追い続けてしまう布袋。

超有能だけど人間関係についてはバカがつくほどに不器用。
クールなのに時々とても弱い一面を垣間見せる恵比寿。

ベタベタすることは決してなく(後日談ではベタベタしちゃってますが)、
お互いの距離を測りきれずに素っ気なく振る舞ったりもするけれど
内面ではどうしようもなく惹かれあっている二人。

読んでいてもう、キュンキュンきてしまいました。
この一冊で完結して、変に長引くことがない潔さもまた良かったです。

大・満・足!!

テーマ: 漫画の感想
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 漫画 百合 きづきあきら サトウナンキ 芳文社 エビスさんとホテイさん

[小説]ティターンズの旗のもとに ADVANCE OF Z

作者:今野敏
レーベル:メディアワークス文庫


ガンダム@軍事裁判。

グリプス戦役後、政治的思惑から
問答無用で死刑を宣告されようとしている
元ティターンズの兵士・エリアルドを救うため、
弁護士のコンラッド・モリスは「戦い」を開始します。

コンラッドらの奔走の甲斐あって少しずつ明らかになる
起訴内容の真相。
そしてエリアルドを助けるために集まったかつての戦友たち。
絶望的な戦況を挽回する光明が見えてきたあたりで
続・次巻。
良い焦らしプレイです。

エリアルド視点でグリプス戦役の前後の出来事が語られる過去パートと
コンラッド視点で進行する軍事裁判が描かれる現代パートが
頻繁に行き来するため、合わない人には少しだけ読みづらいかも。
しかし、物語の中核を覆う外殻が少しずつ削り取られて
中身が見えてくる展開はじわじわと緊迫感が増してきて、心地よいです。

下巻ではどのような結末が待ち受けているのか、楽しみ。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 今野敏 メディアワークス文庫 ガンダム ティターンズの旗のもとに

[小説]藍坂素敵な症候群

作者:水瀬葉月
イラスト:東条さかな
レーベル:電撃文庫


引っ越し先の街を散策する主人公・那霧浩介。
そんな彼の頭上から、一人の美少女と、
「首がパックリと裂けた男の死体」が降ってきた!?


いかにもこの作者様らしい相変わらずの微エログロ。
でも異常性癖に重点が置かれているので他の作品に比べると
エログロ描写そのものは若干控え目な気もします。

仲間たちや敵対する存在がもつ高い身体能力や異能の源泉が
「重度のフェティシズム」という設定が何とも新鮮。

これから先、どんなフェチに目覚めた変態たちが
登場してくるのか、楽しみです!!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 水瀬葉月 東条さかな 藍坂素敵な症候群

[同人誌]girlishgene

サークル:lunatic joker


8月15日のコミックマーケット78 三日目で手に入れた作品その二。
全くのノーチェックだったのですが、
表紙、裏表紙の双子少女にハートをぶち抜かれました。

他にも素敵なイラストが何枚も描かれているのですが、
兎にも角にも双子のインパクトが強烈でした。

どうも自分は双子という設定とビジュアルに非常に弱いようです。

この同人誌とは全く関係ない話になりますが、
小説、ゲーム、漫画、アニメで「双子」が登場するものを
私の知っている範囲で並べてみると
○ゲーム
・パロム&ポロム(FFIV)
・エドガー&マッシュ(FFVI)
・ロニ&レネ(Xenogears)
・主人公の息子&娘(DQV)
・ミント&マヤ(デュープリズム)
・珊瑚&瑠璃(ToHeart2)
・杏&椋(CLANNAD)
・魅音&詩音(ひぐらしの鳴く頃に)

○小説
・舞姫&雪国(SH@PPLE)
・秀吉&優子(バカとテストと召喚獣)
・ヴィクトルとジャン(偽りのドラグーン)

○漫画
・かがみ&つかさ(らき☆すた)
・ハーメルン&サイザー(ハーメルンのバイオリン弾き)
・花井の妹、春日部市立の選手(おおきく振りかぶって)
・滝兄弟(いいひと。)
・日野姉妹(とめはね!)
・ハーレム&サービス(南国少年パプワ君)

○アニメ
・蘇芳&紫苑(Darker Than Black 流星の双子)

などなど。パッと思いつくだけでもこれだけいます。
二次元世界は双子がいっぱい(笑)
対立しても良し、寄り添っても良し。
リアルに双子の兄弟がいる方々にとってはいい迷惑かもしれませんが、
双子可愛いよ双子!!

テーマ: イラスト
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 イラスト 月神るな lunatic_joker

[同人誌]Mon étoile

サークル:富士壺機械


8月15日のコミックマーケット78 三日目で手に入れた作品。
12星座をテーマにしたイラスト集です。

……どうも自分は双子設定に非常に弱いようで、
「Gemini」の双子少女にハートを鷲掴みされました。
二人とも表情が、表情が素敵過ぎます。
左側の子はちょっと活発、右側はちょっと大人しめな感じ。
繋がりの強さがひしひしと伝わってくる
微笑みぶり、寄り添いぶりです。

他にも神秘的な雰囲気の「Aries」、
褐色肌+健康的色気が魅力的な「Taurus」、
仮面お嬢様な「Cancer」、
野性味あふれる「Leo」、
全力で乙女乙女している「Virgo」、
ちょっと病んでる「Libra」、
一番人外なオーラを放ってる「Scorpio」、
凛々しい弓道少女な「Sagittarius」、
無自覚色気たっぷりな「Caprecornus」、
おっとりお姉さん風な「Aquarius」、
ただひたすらに美しい「Pisces」。

どれも思わずうっとり眺めてしまう素晴らしいイラスト集でした。
大・満・足!!

テーマ: イラスト
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 同人作品 イラスト いとうのいぢ 富士壺機械

[小説]偽りのドラグーンIV

作者:三上延
イラスト:椎名優
レーベル:電撃文庫


「虚言を弄する者は大罪を負い、いつか必ず報いを受けます」
・・・とある神父の言葉が全編にわたって重くのしかかるエピソード。
どの嘘も悪意のないもの(例外はいくつか)なだけに
余計に読んでいて辛くなります。

ゲストキャラの神父が非常にいい味出しています。
その哀しい嘘つきぶりには胸がしめつけられました。

戦況も人間関係も波乱尽くしな中、
主人公たちはどう立て直していくのか!?

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 三上延 椎名優 偽りのドラグーン

[小説]胡蝶の夢(三)

作者:司馬遼太郎
レーベル:新潮文庫


幕末。蘭学という学問に深く関わった男たちの
物語の第三巻。

幕府最後の日に向けて着実に情勢は
動いていき、三人の中心人物である
松本良順、 島倉伊之助、関寛斎の身にも
変化が訪れます。

しかし、全く話が進んでいる気がしないのは
何故でしょう。
病床の将軍、家茂の見舞いに誰々が何々を
持ってきた云々といった類の描写があちこちにあり、
もうその時の空気や当時における医者の存在意義は
十分に感じましたから先に進んで下さい!と
亡き作者に訴えたくなりました。

話が少しばかり脱線しつつも第二次長州征伐が終戦。
四巻ではいよいよ戊辰戦争が勃発するようです。
三人はどんな運命を辿ることになるのか?

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 司馬遼太郎 新潮文庫 胡蝶の夢

[小説]中庭の出来事

作者:恩田陸
レーベル:新潮文庫


ぐるぐると重ねられる入れ子の連続は
まるでミラーハウスの中に迷い込んだかのよう。
あるいはだまし絵の世界。

劇と劇ではないものの境界が限りなく曖昧になる一冊。

一つ一つが十分一つの物語として本にできそうな内容なのに、
それを何重にも互いに塗り重ね合って
一つの奇妙な作品になっています。
なんとも贅沢な!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 恩田陸 中庭の出来事 新潮文庫

[小説]さくら荘のペットな彼女3

作者:鴨志田一
イラスト:溝口ケージ
レーベル:電撃文庫


既刊も十分に面白かったのですが、
今回は勢いの桁が違ったように思えます。
作者様、ノリノリで書かれていたんじゃないかと勝手に想像してみたり。

ましろのイギリス時代のルームメイト、リタの登場と
その来訪目的を知り悶々とする空太とギクシャクする
七海、ましろとの関係がしんどい前半。

リタと心からの和解が果される中盤。

究極奥義、空港ダッシュ&ハグが炸裂する終盤と
まさかのオチ。

非常にテンポよく話が進み、読むほどに引き込まれました。
更にはましろと空太の関係に大きな変化の予感!?
七海はこのままヒロイン戦線から後退するのか?
あとがきでも触れられていた三年生コンビに起こるイベントとは?
このテンションのまま文化祭、そこから先も突き進んでほしいです!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 鴨志田一 溝口ケージ さくら荘のペットな彼女

[小説]羽月莉音の帝国3

作者:至道流星
イラスト:二ノ膳
レーベル:ガガガ文庫


これまで莉音に言われるがままだった巳継たち革命部の面々が
精神的に大きく成長するエピソードでした。
特に恒太。
ウザさばかりが目立つ人物で、今回もそのウザさは健在なのですが
意外と友情に厚く、努力家で一風変わった視点からものを言える奴で
あることがクローズアップされ、活躍場所ができてきたようです。

圧倒的に格上の会社相手の無茶なTOBが終わるまでの流れは
少年漫画的な熱さとテンポ良さに溢れていました。
敗れた側も敗れた側なりに渋いカッコ良さを見せてくれるあたりがまた素敵。

後半の兵器絡みの話は正直ちょっと引いてしまい、
作中のノリについていけない部分がありましたが、
次巻でもこの荒唐無稽なのに理論的なようにも思えてしまう
この無茶なテンションで突き進むことを願っています。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ガガガ文庫 至道流星 二ノ膳 ]羽月莉音の帝国

[小説]超能力者のいた夏

作者:寺本耕也
レーベル:メディアワークス文庫


第一印象は「これなんてギャルゲ?」。

「超能力」というには余りにもヘナチョコな
その使い勝手の悪さにはクスリとさせられました。

主人公にはいまいち感情移入できませんでしたが、
脇役陣は賑やかで楽天的な奴が多くて好印象。

続刊が出れば確実にハーレム化しそうな気配が漂っていますが
それはそれで読んでみたい。
軽量級な読みやすい作品です。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 寺本耕也 メディアワークス文庫 超能力者のいた夏

[小説]ラプラスの亡霊 機動戦士ガンダムUC(5)

作者:福井晴敏
レーベル:角川文庫


舞台は宇宙世紀始まりの地へ。

『箱』を追うフル・フロンタル、連邦、ビスト財団、
仲間の奪回を目論むジンネマンたち、
戦いを停めるため、地球へと降り立ったリディとミネバ、
自らの、ガンダムの力を怖れるバナージ、
そんなバナージに未来を託さんとする『大人』たち。
それぞれの想いが交錯し、大気圏に突入するかの如く
燃え上がります!!

ニュータイプ抹殺のための冷徹なマシーンとしてのガンダム、
バナージとリンクし、正体不明なもう一つの可能性を秘めたガンダム、
ガンダムがもつ二面性が今後物語にどう関わってくるのか、
折り返し地点を過ぎてもワクワクが止まりません。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 福井晴敏 角川文庫 機動戦士ガンダムUC

[小説]想い雲

作者:高田郁
レーベル:ハルキ文庫


粋だねぇ。

登場人物が好き、舞台が好き、演出が好き。
「三方好し」な作品です。

主人公・澪の母親的存在な芳の息子・佐兵衛の行方、
色々な意味で質の悪い模倣店の出現、
親友・野江との束の間の邂逅、
少しだけ輪郭が見えてきた澪の想い人・小松原。

それぞれのエピソードが少しだけ前に進む一方で
料理人としての原点に立ち返る澪。
重苦しい展開の中に差し込まれる暖かなやり取りに
軽妙な江戸っ子式掛け合い。
素敵なバランスです。

帯にある文句「料理は人を幸せにしてくれる」
この作品も自分をいい気持ちにさせてくれました。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 高田郁 ハルキ文庫 みをつくし料理帖

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!