最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]楽聖少女3

作者:杉井光
イラスト:岸田メル
レーベル:電撃文庫


 主人公ミユキが文豪ゲーテとして18世紀のヨーロッパに召喚され、何故か少女となっているベートーヴェンと共に歴史のうねりに巻き込まれていく物語。第三巻。
 半ば強引に史実をなぞって突き進むヨーロッパ情勢をよそに、ヒロイン・ルゥの、そしてこの作品世界の秘密が徐々に明らかになっていきます。
 ただ、それ以上に「もう『ザルツブルグ闘魂烈士団~カールと愉快な仲間達~』にタイトル変えてもいいんじゃないかな?」と言いたくなるくらいに彼らが大活躍するエピソードでした。杉井光作品を読んでいるんだな、と感じます。

 人外な力をもってしてもなお抗しきれない流れに、主人公はどう立ち向かうのか?
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル 電撃文庫 杉井光 岸田メル 楽聖少女

[小説]ココロコネクト アスランダム(上)

作者:庵田定夏
イラスト:白身魚
レーベル:ファミ通文庫


 シリーズ最終章の上巻。
 
 全てが「無かったこと」になる!?
 主人公たちを"除いて"周囲に発生する謎現象。失われつつある記憶。部外者であることの無力感に焦る主人公達の苦悩がビンビンに伝わってきて辛かった。大切なものを守るため、かつての敵(?)とも手を組んでラストダンジョンに赴く、という少年漫画風熱血ラストが唯一の救いでしょうか。
 下巻はどうか爽やかに終わってくれますように!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 庵田定夏 白身魚 ココロコネクト

[小説]OP-TICKET GAME

作者:土橋真二郎
イラスト:植田亮
レーベル:電撃文庫


 ボケるなら最後まで徹底的にボケ倒さないとね! ということを、バカ小説というのはこういうものだ! ということを土橋先生が僕たちに教えてくれる一冊。
 10枚コンプリートした子の"OP"をもめるという謎のチケット、否、"希望"を巡り、主人公達は知力体力時の運を駆使して相争うことになります。真面目に。ひたすら大真面目に。量子論とかまで持ち出して!
 思春期男子特有のアタマの悪さが妙に生々しくて、本当に本当にもう、いたたまれなくなりました。男ってほんとバカ。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル 電撃文庫 土橋真二郎 植田亮 OP-TICKET GAME

[小説]剣客商売12 十番斬り

作者:池波正太郎
レーベル:新潮文庫


 初『剣客商売』。老剣客・秋山小兵衛とその子・大治郎の親子、そして彼らを囲む愉快な仲間たちが守るべきものを守るため、江戸を駆け巡ります。
 殺陣の緩急&スピード感が尋常じゃない! シリーズ十二巻目なのに初めて読む人にも優しい仕様で人物たちの人間関係や過去もすんなり理解できました。

 様々なしがらみの中で、それでも自分の生き様を貫こうとする人間像に、しびれます!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 池波正太郎 新潮文庫 剣客商売

[小説]GJ部 中等部5

作者:新木伸
イラスト:あるや
レーベル:ガガガ文庫


 安心安定の日常ゆるふわ小説、通算15巻目。

 座敷童風幼女&ストーカー予備軍美少女の新規参入と男性陣が目立った巻でした。

 二人の主要男子キャラのうちの一人、ケンケンは昔ながらの少年漫画主人公路線で、もう一人のジンジンはラノベによくいるクールヘタレ路線で、どちらも何人かの女の子とフラグらしきものをちょこちょこと立てています。
 この二人、拳よりも、どちらがオイシイ立場にいるかを競った方がいい勝負になる気が。二人ともベクトルこそ違えど、無印主人公・キョロの境地に大分近づきつつあるようです。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル ガガガ文庫 新木伸 あるや GJ部

[小説]マグダラで眠れII

作者:支倉凍砂
イラスト:鍋島テツヒロ
レーベル:電撃文庫


 後ろ指をさされようと泥水すする思いを味わおうと、それでも自分にとっての真実を求める物語。

 新天地進出の手段を模索する主人公のクースラたちは、重要なキーとして、ファンタジーではお馴染みの鉱物であるダマスカスに目をつけます。しかし、実在すら定かではないその鉱物を巡って登場人物たちの思惑が。

 信念を曲げることなく目的に向かっての最善手を目指すクースラたちが実に格好良い! しがらみの中でもがく彼らの姿から目が離せません。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル 電撃文庫 支倉凍砂 鍋島テツヒロ マグダラで眠れ

[小説]失恋探偵ももせ

作者:岬鷺宮
イラスト:Nardack
レーベル:電撃文庫


 面白かった!
 クールで論理的な少女とお人好しな少年が、「恋の終わり」の原因を突き止めるミステリ風恋愛もの。

 依頼解決をしていく過程で、徐々に恋愛探偵たる彼らも影響を受け、徐々に二人の関係性がわかっていく様子に微笑ましいものを感じました。この二人、いいコンビです。男の察しが悪すぎるのはラノベのお約束ということで。

 手櫛で髪を整えてもらって、日向でくつろいでいる猫のように安らいでいるヒロインの姿には、終始ニヤニヤさせられっぱなしでした。満足。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル 電撃文庫 岬鷺宮 Nardack 失恋探偵ももせ

[小説]Xトーク

作者:来楽零
イラスト:緒方剛志
レーベル:電撃文庫


 世にも奇妙な物語@ライトノベル、な雰囲気のホラー短編集です。
 プロローグの時点で主人公にゲームオーバーなフラグがバリバリに立っております。

 真夏に一ヶ月以上経過しても綺麗なままの死体の秘密、首を"刈られて"しまった少年、子供達に"監視"されている街、七不思議に興味をもつ少女の末路、好奇心から怪奇小説サイトのオフ会に参加した少女を待ち受ける運命・・・・・・確かに怖くはあるけど、想像の範囲内、という印象です。夜中にトイレに行けなくなるレベルではありません。
 さくっと怪談を楽しむのには丁度良い具合の作品。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ライトノベル 電撃文庫 来楽零 緒方剛志 Xトーク

[小説]ベイカー街少年探偵団ジャーナルI キューピッドの涙盗難事件

作者:真瀬もと
表紙絵:菅野マナミ
レーベル:角川文庫


 シャーロック=ホームズの下で情報収集の手伝いなどをしていた少年チームをメインにした作品。
 厳しい環境に育った、下町(というかスラム?)の子供達からみたホームズ、という視点が新鮮でした。
 ラストのホームズさんがヒーロー過ぎて、逆に笑ってしまいます。アドラーと"教授"の影も登場し、ファンサービスもバッチリ。ミステリとは言い難いけど、面白かった!

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 角川文庫 真瀬もと 菅野マナミ ベイカー街少年探偵団ジャーナル

[小説]源氏物語03「空蝉」

作者:紫式部
現代語訳:与謝野晶子
レーベル:青空文庫


 あの源氏さんが振られる!? 衝撃の第三帖。

 空蝉が置いていった薄衣を、源氏へのメッセージと受け取るか単純に慌てて忘れていっただけと受け取るかで源氏さんの変態度が大分変わってくる気がします。

 源氏にちょっと惹かれながらも自分の境遇を考え、貞操を守りきる空蝉さんの淑女ぶりは拍手を贈りたい。
 それに比べて源氏さんときたら。
 徹頭徹尾、相手の事情なんて全く考えずに自分の都合ばかり。しかも振られた鬱憤を年端もいかない空蝉の弟・小君にぶつける始末。その小君の手引きがあったとはいえ、人様の家に不法侵入したり、あまつさえ人の持ち物を勝手にお持ち帰りしたり(窃盗! 窃盗!)、相手のことを勝手に"恋人"(まあ、"恋しい人"という意味なのでしょうけど)呼ばわりしたり、本当にやりたい放題です。一途なら、愛ゆえの暴走、とギリギリ執行猶予がつく気がしなくもないですが、他の女にもチラリと目移りしているし。この男、実に残念なイケメン。
 
 当時の価値観ではこういうことをするのは割と普通のこと、だったりするのでしょうか。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 源氏物語 紫式部 与謝野晶子 古典

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!