最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説]戦闘妖精・雪風(改)

作者:神林長平
レーベル:ハヤカワ文庫JA


 異星体(異星"人"ではなく)・ジャムと人類の戦いのお話……かと思いきや。いや、一応そういう構図なのですが、そんな単純なものではないSF作品です。
 異星体・ジャム、主人公の深井零たち人間、人間をサポートするはずの戦闘機械たち、三者の関係は終盤に進むにつれ思わぬ方向に進んでいきます。SF戦記ものや戦争を題材にした人間ドラマではなく、ホラーに近いとすら思えてしまうその展開には少し昔の作品であることを微塵も感じさせない新鮮さがありました。
 この巻だけだと受け取り方によってはバッドエンドになってしまうのですが、続編があるとのこと。楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 神林長平 ハヤカワ文庫JA 戦闘妖精・雪風

[小説]楽園への清く正しい道程~1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド~

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


 ひょんなことから小国の国王となってしまった主人公・ルドヴィーク。彼に求められる最重要課題は『世継ぎを作ること』。
 第一巻で現れたゼロ番目のヒロイン・フロリンに続いて登場するのは薄幸メイドのミーナ。その生まれを気にして縮こまって生きる彼女を勇気づけるため、何故か開催された城内お嫁さんにしたい子投票にのっかって彼女をプロデュースしていくことになるのですが・・・・・・。
 ミーナを表面的にはノリノリでけしかけつつも自分の中に眠る気持ちに気付き始め、戸惑うメインヒロインとの今後が気になります。
 ハーレムものなのに全く嫌味を感じさせず、主人公もヒロインたちも応援したくなってくるのはさすが野村先生! 後書きを読むと不穏な空気が漂っていますが、今度は打ち切られずに最後まで書ききってほしいものです。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 楽園への清く正しい道程

[新書]昭和天皇の終戦史

著者:吉田裕
レーベル:岩波新書


 満州事変~太平洋戦争の戦争責任は誰にあるのか? を軸に、終戦から東京裁判までの昭和天皇やその周辺の人物たち、GHQの責任者たちや米国以外の各国の動きなどを再検証する一冊。
 国民を完全に置いてけぼりにしてまで大事にしなければならない『国体護持』とは一体何だったのか? 疑問は深まるばかりです。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 歴史 吉田裕 岩波新書

[歴史]武器の世界地図

著者:21世紀研究会
出版:文春新書


 古今東西の戦争で用いられてきた様々な武器・兵器が登場する過程と影響をアッサリ風味で紹介する一冊。
 銃が使われるようになったあたりからの兵器の発展ペースの速さに呆然とさせられます。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 歴史

[小説]アオイハルノスベテ4

作者:庵田定夏
イラスト:白身魚
レーベル:ファミ通文庫


 良い最終巻でした!……と思ったら違った!?

 「シンドローム」と呼ばれる、主人公が通う高校の中で、生徒にのみ視認できる超能力じみた現象を巡って、少年少女があれこれ青春の悩みをぶちまけるシリーズ第四巻です。
 廃校の回避。同じ目的を持つ者同士として、対立関係にあった生徒会とも手を組み、生徒の力を結集して立ち向かう! プロレスっぽい香りのする舞台と演出が大いに盛り上げてくれました。
 一巻冒頭の世界の秘密、ヒロインからの問いへの主人公の答え。伏線は大体回収されたと思うのですが、果たしてここから一冊分どう続けるのか!? これまでとは違う意味で楽しみです。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 庵田定夏 白身魚 アオイハルノスベテ

[哲学]禅的生活

著者:玄侑宗久
レーベル:ちくま新書


 禅の思想を、他の思想・宗教や日常生活と絡め、軽い文体で解説する一冊。
 悟りを開くのはさすがに無理そうですが、部分部分の心がけくらいなら、ちょっと実践してみようかと思わせてくれます。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ:  玄侑宗久 ちくま新書

[小説]歳月(下)

作者:司馬遼太郎
レーベル:講談社文庫


 征韓論に敗れ、野に下る羽目になった江藤新平は、あれよあれよという間に佐賀の乱の頭目に担ぎ上げられ、あっという間に破滅へと向かっていきます。
 明晰な頭脳や国家ビジョンを持ちながら、驚くほどの世間ずれのなさを最期まで見せ続ける江藤と、手段を選ばず執拗に彼を追い詰めていく大久保利通の対比が際立っておりました。
 他の幕末からの名士や明治元勲たちとは大分色が異なる思想と才をもつ江藤新平の生涯。堪能させていただきました。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 歴史 司馬遼太郎 講談社文庫

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。