最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[歴史]若き北一輝 恋と詩歌と革命と

著者:松本健一
出版:現代評論社
<hr>
 二・二六事件の思想的指導者として処刑された北一輝の一生……ではなく、タイトル通り、その思想が形成されていった時期について、人間関係や起きた事件などの背景をあれこれと考察している一冊。これを読む限りでは思い込みが激しくて独善的で妄想癖があってヒステリックな危ない若者にしか見えなくて、どことなく昨今の凶悪事件などがダブって見えるせいか、むしろ官憲側に肩入れしたくなってしまいます。多少不謹慎であることを承知で申し上げれば、この人が現代に生まれていなくて本当に良かった。もしそうなっていたら何をやらかしていただろうと想像を巡らせると、若干ゾッとするものがあります。
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 歴史 松本健一 北一輝

[小説]安達としまむら6

作者:入間人間
イラスト:のん
レーベル:電撃文庫
<hr>
 人付き合いが苦手で不器用な安達と、当たり障りのない人付き合いはできるけど、距離感をつかむのが苦手なしまむらの二人を中心とした百合風味青春小説第六巻。
 どちらかと言えば安達視点の安達が変わっていく話が多かったこれまでとは違い、しまむらの方にも大きな心境の変化が。人に優しく、とは何なのか? 何が人を優しくするのか? 安達の変化を見ながら、しまむらもまた変わっていきます。
 若干サイコ風味だった前巻と違い、一冊通じて癒しオーラ漂う雰囲気のままラストへと向かっていくので、逆に今後鬱展開が待ち受けていやしないかと若干不安になりますが、それでもこれからの展開に期待しつつ続刊を待ちます。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 入間人間 のん 安達としまむら

[歴史]山崎雅弘 戦史ノートvol.45 満州の戦い1945

著者:山崎雅弘
レーベル:六角堂出版
<hr>
 第二次世界大戦時の日ソ関係、および終戦間際のソ連米英の思惑と現地に起きた出来事、その後の爪痕についての解説です。
 彼我の戦力差以上に、下から上がってくる情報には耳にフタをし続ける日本陸軍上層部の思考停止ぶりが実に絶望的です。
 8月15日より後も、満州や樺太では戦闘状態が続いていた中で、日本国内にいる国を憂う若手将校様たちは『日本のいちばん長い日』に書かれているような茶番を繰り広げていたのかと思うと、やりきれない気持ちになります。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 山崎雅弘 六角堂出版 第二次世界大戦

[小説]王女マメーリア

作者:ロアルド・ダール
邦訳:田口俊樹
レーベル:ハヤカワ文庫
<hr>
 近代のイギリス・アメリカあたりと思われる場所を舞台とした、皮肉のきいたユーモアが印象深い短編集です。
 全体的に容姿端麗な男女には厳しく、見た目残念な人たちには優しい作者様の眼差しを感じます。個人的には『王女と密猟者』が好み。誰もが絶句する醜さって、どんだけブ男なのでしょう。
 短編の名手と呼ばれた方の作品なだけあって、どれも短い中に笑いあり、怖い話あり、どんでん返しあり、とサクッと、かつ盛り沢山に楽しめる内容になっています。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ロアルド・ダール 田口俊樹 ハヤカワ文庫

[ルポルタージュ]ルポ 消えた子供たち

取材・出版:NHK
<hr>
 家庭事情や親の虐待により、義務教育を受けさせてもらえず、社会から切り離されている子供たち。
 本書で書かれている事例の悲惨さ、そしてそれらが氷山の一角に過ぎないという現実。いじめや子供相手の犯罪なども合わせて考えると、子どもたちが社会的にいかに弱く、守ってあげなければいけない存在であるかを思い知らされます。
 ただただ、胸が痛くなる一冊。

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ルポルタージュ 虐待

[小説]コリーニ事件

作者:フェルディナント・フォン・シーラッハ
邦訳:酒寄進一
出版:東京創元社
<hr>
 ドイツで発生した、とある大実業家の殺人事件。
 犯人は半ば自首の形であっさり捕まり、新米弁護士の主人公は、その弁護を担当することに。

 事件の真相にはナチスドイツと戦後に巧妙に作られた「法の抜け穴」が大きく関わっており、容疑者の頑なな態度とその最期が、事件の闇の深さを物語っています。
 海外ミステリらしい硬骨な物語でした。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: フェルディナント・フォン・シーラッハ 酒寄進一 東京創元社

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!