最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]黒田如水

作者:吉川英治
レーベル:青空文庫


 戦国時代、秀吉の片腕として活躍した軍師・黒田官兵衛を「義に生きる男」として描いている作品。
 タイトルは「黒田『如水』」ですが、書かれているのは秀吉と出会い、信長と会見する頃~三木城落城くらいまでだったり。

 彼が荒木村重に捕まるくだりは「頭のいい人間は、頭が良すぎるが故に『合理的に考えれば当然相手も自分と同様の結論に至るはず』と考えてしまいがち」という、どこかで読んだ話を思い出しました。

 最後の数ページでは大阪の陣などで有名な後藤又兵衛が幼少の身で登場。彼が官兵衛の嫡子・松千代(後の黒田長政)との初めて顔を会わせる場面が書かれています。これから先の長政・又兵衛主従の確執を思うと、運命の皮肉を感じずにはいられません。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 吉川英治 歴史 黒田官兵衛 青空文庫

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!