最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]史記 武帝紀(六)

作者:北方謙三
レーベル:ハルキ文庫


 漢と匈奴。両者共にこの先に再び行われるであろう一大決戦を見据えて小競り合いをしつつ下準備を重ねております。
 しかし、その間にも時は過ぎ去り、老いを見せ始める登場人物たち。
 そんな中、司馬遷は『史記』を書き上げ、李陵と蘇武は遥か北の地で再会を果たします。

 いよいよ終わりが見えてきました。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 北方謙三 ハルキ文庫 歴史 史記

コメント

こんにちは。ご無沙汰しております。
ハイペースで読まれてますね! 李稜って聞いたことあります~って、こんなレベルですみません(^^;)熱き漢たち、いいですね。

Re: タイトルなし

>もぃもぃさん
お久しぶりです。最近はすっかり一般書の読み専になってしまい、
恥ずかしくて某サイトも覗けずにいます(^^;

李陵という武将については、恥ずかしながら私はこの作品で初めて知りました。
司馬遷や武帝は知っていたのですけどね。
北方謙三作品はむぁっとくる漢くささがクセになります(笑)
もぃもぃさんも機会があれば是非このむさ苦しい世界をご堪能下さいw
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!