最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[哲学]自殺について

著者:ショーペンハウエル
邦訳:石井立
表紙絵:越島はぐ
レーベル:角川ソフィア文庫


 哲学書。
 自殺について、というよりは生きること、死ぬことについて、古今東西様々な偉人、名作、宗教教義を引用して考察する一冊。
 後半生に書かれたという第2部の方が比較的表現が軟らかく読みやすいです。

 神経質なインテリ親父といった感じの頭ごなしな論調が鼻につきますが、死というものを肯定しつつも自殺については遠回しに否定(悟りをひらいた人が生への執着から完全に解放された上での自殺はOKだが、それ以外の自殺はNG、と自分は解釈)するその思考は独特。
 読みにくいけど興味深い内容でした。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 哲学 ショーペンハウエル 石井立 越島はぐ 角川ソフィア文庫 自殺について

コメント

大変にお久しぶりです! 毎日暑いですが、そちらはいかがですか?
思うところありましてコメント失敬します。ちょっと重いですが。

私は、尊厳を踏みにじられるような暴行に遭った場合あるいはそうされるのが確実だった場合、被害者には死を選ぶ権利があると思ってます。
ご紹介の本では、私の解釈は著者の意図するところのものではないのでしょうが。
被害者がいなければ生活することが困難な人、例えば幼児など保護すべき対象を被害者が有していた場合はかなり賛否が別れる主張だとは思います。

そもそもそんな論点の本じゃねーよと言われてしまえばそれまでです、はい。

Re: タイトルなし

>もぃもぃさん
ご無沙汰してます! いやもう、ほんと毎日暑いですね。

深いコメントありがとうございます。
著者の主張としてはそのような状態で選ぶ死もまた、生への執着の裏返しである、
となっておりました(と私は解釈しながら呼んでいました)。
個人的には、その人の中で、保護対象とする相手<厳しい現実からの退避 であれば
死を選んだとしても、それは誰も否定できないと思います。
(ただし、肯定もできないかも。。。)
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!