最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。II ~Time to Play~(下)

作者:時雨沢恵一
イラスト:黒星紅白
レーベル:電撃文庫


 タイトルが終盤までの物語の全てを表しているシリーズ二巻目。
 上巻から引き続き、何故かヒロインに首を絞められている主人公が見る走馬燈(?)の形でお話は進んで行きます。

 「首締め」の真相は、主人公が自らの作品の登場人物、ミークが死ぬ展開を考えていることが明かされた時点で予想はつきましたが、その後の展開が素敵でした。斜め上の言動でヒロインをかばう主人公が実に男前!惚れてまうわ!
 
 後書きに書いてあったようなベタベタラブコメにならず本当に良かったと、今となっては思います。
 既に三巻が出ているようですが、今度は他の女の子と仲良くしてヒロインに首を絞められたりするのでしょうか。

 ・・・・・・で、作者お得意の銃はいつ出てくるのでしょう? ヒロインのお付きの人とか絶対持ってそうなのですが。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 時雨沢恵一 黒星紅白

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!