最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]清須会議

作者:三谷幸喜
レーベル:幻冬舎文庫


 戦国時代。信長・信忠亡き後の織田家の行く末を決めた清須会議
 信長の仇、明智光秀を討ち発言力を大きく増した羽柴秀吉。
 織田家筆頭家老の柴田勝家。
 この二人と中心に、担がれる者、補佐する者、利用しようとする者、傍観する者、様々な人物の野望渦巻く中、会議は幕を開けます。

 一冊丸ごと厳ついオッサンたちが裏で表で駆け引きする話なのですが、現代若者言葉(?)による会話劇形式なので重さは全く感じず、飽きません。どの人物もどこか憎めない三枚目として書かれている一方、秀吉や丹羽、信包、お市の言うことにハッとさせられるものがあったりと、軽いけどそこはかとなく深さも感じられる内容となっております。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 三谷幸喜 幻冬舎文庫 歴史 清須会議

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!