最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ノンフィクション]駆逐艦勤務 旧海軍の海上勤務と航海実務

著者:矢花冨佐勝
出版:文芸社


 題名通り、太平洋戦争末期、駆逐艦「朝霜」に搭乗されていた方がその経験を元に書かれた一冊。

 駆逐艦「朝霜」はあの戦艦大和が沈んだ作戦にも参加し、乗員全員戦死、沈没という壮絶な最期を迎えたそうです。
 (著者はその時期戦傷により国内で療養、その後別の駆逐艦勤務となったため助かった模様)

 著者が士官学校を卒業して海軍に編入された昭和十九年、戦況は既に悪化の一途をたどっており、序盤から生々しく厳しい当時の現実を突きつけられます。航空戦力の圧倒的な劣勢、更には潜水艦が暴れまわる中での水上艦の無力さや、大和特攻の舞台裏のくだりは悲壮どころではない、語弊を恐れずに書くならばむしろ滑稽にすら見える、泣くに泣けない様相を呈しておりました。

 状況描写の合間に当時の情勢、兵器・機械類、軍隊事情などの解説が大量に付いており、当時を全く知らない現代人でも置いてけぼりになることなく読み進められましす。
 私のように某ゲームからこの時代に興味をもたれた方にはオススメの一冊です!
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ノンフィクション 太平洋戦争 駆逐艦 矢花冨佐勝

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。