最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[歴史]明治天皇という人

著者:松本健一
レーベル:新潮文庫


 「明治天皇の声がきこえない」。そんな思いから書かれたという一冊。お飾りでも神格化されてもいない、一個人としての明治天皇、という視点から明治という時代を垣間見ることができます。
 割と直情的でありながら自律心に富み、自分が求められている役割を見極め、こなしていく姿に、天皇という立場の難しさが現れているように見えました。
 君主、独裁者、飾りもの、神様、国家というシステムの一機関、象徴。人や時代によって大きく異なる、天皇という存在に求めるもの。と一人間としての天皇。そしてそれを取り巻く周囲の人々の思惑と世論の移り変わり。小説や伝記、教科書などとはまた違った形で明治時代を感じられた気がします。
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 松本健一 新潮文庫 歴史 明治天皇

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!