最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]点と線

作者:松本清張
レーベル:新潮文庫


 まだ新幹線も開通していない昭和中期の時代に九州で発生した、一見何の変哲もない心中事件。
 出てくる証拠・証言はことごとく容疑者が事件当時は北海道にいたことを示している。
 犯人はどのようにして二人を死に追いやったのか?

 人の心理と"当時"の交通インフラを活用したトリックには見事に騙されました。
 某登場人物が語っていた、時刻表を眺めているだけで何となく旅した気分になる感覚。凄くよくわかります。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 松本清張 新潮文庫 点と線

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!