最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]月は無慈悲な夜の女王

作者:ロバート・A・ハインライン
翻訳:矢野徹
レーベル:ハヤカワ文庫


 植民地兼罪人・政治犯の流刑地として扱われている近未来の月世界が主な舞台の古典SF作品。
 自我をもつ人工知能のマイクとそのメンテナンスを担当するフリーの技術者・マニー。二人(一人と一台)はやがて地球からの月独立運動の中心として巻き込まれていくことになります。
 同作者の「夏への扉」もそうでしたが、かなり緊迫した状況(戦争勃発)が発生するのにどこか暢気な登場人物たちのノリ、そして「技術」というものへの愛と希望をひしひしと感じられる点が非常に好みです。SFなのにどこか牧歌的。
 近未来、自我が芽生えた人工知能、地球側の圧政に反発する月の反乱。後年のSF作品に影響を与えていそうな要素てんこ盛りです。宇宙~地球降下~そして再び宇宙へ~決着、という流れはガンダムシリーズとも通じるものがあります。
 面白かった!
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ロバート・A・ハインライン 矢野徹 ハヤカワ文庫 SF 月は無慈悲な夜の女王

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!