最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]四十七人目の男(下)

作者:スティーヴン・ハンター
邦訳:公手成幸
レーベル:扶桑社BOOKSミステリ


 舞台はいよいよ「吉良邸討ち入り」へ。現代日本の裏社会の一角で、元凄腕スナイパー・ボブと愉快な仲間達による一大剣戟が始まります。
 ボブはともかくとして、彼に協力する大使館員と自衛隊員や敵側の行動理由にはかなり無理が感じられ、更にこれまでの国家レベルの陰謀が絡む話と違い、敵がただのポルノ成金と勘違い剣士とチンピラ軍団に過ぎないため非常にスケールが小さくなってしまっているように思えますが、それでも戦闘場面(準備段階も含め)はこのシリーズらしい緊迫感があり、アメリカ人的サムライスピリッツを突き詰めたその展開は、エンタメ作品として十分な面白さがありました。
 なんだかんだいって、面白かった!
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: スティーヴン・ハンター 公手成幸 扶桑社BOOKSミステリ スワガー・サーガ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!