最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]私本太平記(二)

作者:吉川英治
レーベル:吉川英治歴史時代文庫


 後醍醐天皇や日野俊基による反鎌倉の活動はますます活発化し、鎌倉の世の終わりがようやく見えてきました。
 天皇側の倒幕派中心人物・俊基の処刑により一触即発な状況となる中、ようやく足利高氏は動き出します。一方、新田義貞は殆ど出番はなく、楠木正成は初登場を果たすものの、家長としての立場から、表立った動きをすることがあまりできずにいます。
 同じ頭領の立場ながら、自分の成すべきことは何か?という点で高氏・正成・義貞の意識の違いが既に浮き彫りになり始めていて興味深い。本格的に自体が動くのは次巻からでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 吉川英治 吉川英治時代文庫 歴史 私本太平記

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!