最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]されど僕らの幕は上がる。Season1

作者:喜多見かなた
イラスト:白身魚
レーベル:角川スニーカー文庫


 TV番組の一企画に出演するキャストたち、という異色の舞台で繰り広げられる青春劇。
 出演者の奇妙な共通点というミステリ風味な要素はありますが、基本的には挫折した主人公が自分を見つめ直す青春物語なように思えます。
 いよいよ番組とキャスト、過去の事故にまつわる謎の答えに近づくか!?というところで次巻に続く。さてどう着地するのか? 楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 角川スニーカー文庫 喜多見かなた 白身魚 されど僕らの幕は上がる。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!