最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[歴史]冬戦争(ソフィン戦争)(山崎雅弘 戦史ノート29)

著者:山崎雅弘
レーベル:六角堂出版
<hr>
 第二次世界大戦初期、大国ソ連と小国フィンランドの間との間で行われた戦いについての解説です。
 大国の論理の無茶さには驚きを通り越して苦笑いする他ありません。そんな中、天の利地の利を駆使して大国の大軍団を翻弄してみせた小国の意地には舌を巻きますが、それ以上に状況を見て極めて現実的に手をうっていくフィンランドの将軍・マンネルハイムとスターリン率いるソ連の動きには感心させられました。同時期の日本のことを考えると特に。
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 歴史 山崎雅弘

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!