最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]新史太閤記 (下巻)

作者:司馬遼太郎

レーベル:新潮文庫


 天下人・豊臣秀吉の一代記。物語としてはその絶頂期の一歩手前、九州征伐直前の家康との和睦で完結します。天下統一後の秀吉の迷走ぶりを考えると、確かにこの辺りで終わっておくのが秀吉という男の生き様を表現するのに丁度いいのかもしれません。それでいながら秀吉政権の危うさはしっかり垣間見えています。

 先の先を読んで周到に手を打ち、戦場に彼が到着する時点で既に実質的な勝敗は決まっている。そのやり方は家康にも引き継がれ、関ケ原や大阪の陣で豊臣家を潰すのにバッチリ活かされているあたり歴史の皮肉を感じます。

スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!