最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説]黄昏の狙撃手(下)

作者:スティーブン・ハンター
邦訳:公手成幸
レーベル:扶桑社ミステリー

 カーレースの祭典の裏で明らかになる犯人たちの真の狙い。
 ガチガチの防弾装備をほどこした車両をも貫くトンデモ銃まで登場し、祭りの狂乱具合は急上昇していきます。
 いつも通り手に汗握る展開でしたが、今回は悪役が前座も黒幕もラスボスも小物過ぎて、途中から逆に可哀そうになってきました。
 結果論になってしまいますが、そもそも真相にはまだまだ遠いところにいたニッキに手を出さなければ、恐ろしいパパがやってくることもなかったろうに。まさに藪蛇。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: スティーブン・ハンター 扶桑社ミステリー

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。