最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]"文学少女"見習いの、初戀。

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


"文学少女"シリーズ外伝!ということで
本編最終巻後、心葉が高校三年生、文芸部部長となった
時期を舞台とし、心葉目当てに文芸部に入部した
一年生、日坂菜乃を主人公に新たなエピソードが語られます。

新主人公の日坂はこれまでのシリーズにはいなかった
猪突猛進な濁りなしの直情少女。
心葉の中に天野遠子という存在があると知ってもなお
立ち上がり、更には琴吹ななせも蹴散らして
猛烈アタックをくじけずに仕掛け続けます。

後ろ向きな思考なりがちな人物が多いこのシリーズにおいて、
この真っ直ぐさは話が「解答編」に入り、ドロドロした真実が
語られる中でも如何なく発揮され、
天野遠子の明るさとはまた違った清涼感を
物語世界にもたらしてくれているように思えます。

今回は"文学少女"(見習い)の方が後輩ということで
本編と役割が基本的には逆。
心葉が先輩として日坂を引っ張っていく形になるのですが、
時には立ち位置を交換することもあり、
何だかんだ言いつつもいいコンビになりそうな予感を感じさせてくれる
二人三脚ぶりでした。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 "文学少女" 野村美月 竹岡美穂

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

文学少女 神に臨む作家

【中古】ライトノベル(文庫) 文学少女と慟哭の巡礼者商品価格:580円レビュー平均:0.0 “文学少女”シリーズ待望のメディアミックス化第一弾!『“文学少女”と死にたがりの道化』1巻 野村美月/高坂りと ガンガンコミックスJOKER.(続きを読む) 【X’mas ~白い丘に...
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!