最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地<下>

作者:三枝零一
イラスト:純桂一
レーベル:電撃文庫


====================================================

もっと色んなこと、教えて欲しかったね。

====================================================

数あるライトノベルの中で、
自分が最もベタ惚れしているシリーズです。

マザーコアと呼ばれる、
"魔法士"と呼ばれる人間の犠牲の上に成り立つ
永久機関のあり方の是非をめぐって紛糾する議会。
そこに乗り込む、魔法士の犠牲の上に世界を
成り立たせることを認めない組織「賢人会議」。
明かされたのは
悪の魔王や組織や人外が存在しなくても
このままでは先なんて用意されていない人類の未来。
その理由は作品の世界観を全く知らなくても
理解できる身も蓋もないもの。

作者曰く、「この作品はファンタジー」なのに
えらい現実的です。

この巻は6番目のエピソード最終巻。

前半は特殊能力も弾丸も一切無しの
言葉の応酬。論理の応酬。

後半からは
お待たせしましたと言わんばかりに
各要所で繰り広げられるガチンコのバトルが
待ち受けています。

そして、ラストの別れ。

ついでに再び提示される幸せフラグと世界の謎。

今回のエピソードで
守りたい何かのために
はっきりと異なる立場にその身をおくことになった
既刊の主人公たち。

このシリーズはどこまで自分の心を
鷲づかみにし続ければ気が済むのでしょう。

続きが読めるのはまた何ヶ月も、
下手すると年単位で先のことかもしれませんが、
いつまでも・・・待ち続けます!!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 三枝零一 純桂一 ウィザーズ・ブレイン

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!