最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]赤い指

作者:東野圭吾
レーベル:講談社文庫


これまでに読んだ東野圭吾作品(「さまよう刃」「容疑者Xの献身」)と
比べるとどことなく「軽量級」な印象でした。

探偵役があまりにも優秀すぎたからかもしれません。

それでも最後には
「薄々予想はしていたけどまさかそこまで・・・!?」
と、"安心の驚き"(矛盾してますが)を与えてくれます。

この作者様の持ち味は
A.「こりゃ仮に殺されたとしても誰も文句言えんわ」と誰もが言いたくなる
救いようのない役
B. Aに振り回されて被害者になったり加害者になったりする
 一般庶民代表役
C. Bに若干の同情を寄せる探偵助手役
D. Cの考えに理解を示しつつもずば抜けた洞察力で事件を解決する探偵役

が登場する枠組みの中でいかにラストで読者を驚かせるか!?
なのかな、と勝手に想像。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 東野圭吾 講談社文庫 赤い指

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!