最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]とある飛空士への恋歌4

作者:犬村小六
イラスト:森沢晴行
レーベル:ガガガ文庫


これまで貯めて貯めて貯めて貯め続けた因縁、秘密が怒涛の勢いで開帳され、
数々の伏線が竜巻のように回収されていきます。

それぞれが過去、憎しみ、自分の弱さを乗り越えて
気持が繋がり、困難を乗り越え、
一回りも二回りも成長していく。
ご都合主義?いいえ、これは「王道」です!
最初の数十ページこそ冷めた気分で読んでしまいましたが
男どうしが拳で語らうシーンからページが進む進む!!
時間を忘れる、とはこういうことかと。

この巻で終わっても納得してしまいそうなくらいの
最高の盛り上がり。まさにクライマックスな第4巻。

「追憶」の二人も物語に正式参戦しそうな気配を見せる中、
作者曰く、最終巻となる次巻はどのような結末を迎えるのか?
早く続きを読みたい!いや読みたくない!という葛藤と共に、
その発売日を待ちたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ガガガ文庫 犬村小六 森沢晴行 とある飛空士への恋歌

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!