最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]イナイ×イナイ

作者:森博嗣
レーベル:講談社文庫


タイトルや作者、というよりは
装丁の手触りと表紙のフォントが何だか気に入って購入した一冊。

美術品鑑定を営む椙田という男の助手を務める
元社長秘書の小川令子と
縁あって椙田の事務所に出入りしている大学生の真鍋瞬市。

「私の兄を捜していただきたいのです。」

真鍋が留守番をしている事務所を訪れたのは
どこか浮世離れした妙齢の女性。

依頼を受けるか決めきれないまま
真鍋と小川は彼女の屋敷で起きた不可解な事件に
巻きこまれていくことになります。

ひょろひょろして頼りないながらも
マイペースで時々意外な鋭さを見せる真鍋と
しっかり者でいて茶目っ気もたっぷりな小川のやり取りが
読んでいて非常に楽しかったです。

肝心のミステリな部分は最後まで二人が部外者に近い立ち位置におり、
推理というよりは言葉遊びをしているだけに見えたり。
何というか、真犯人が判明したときの
「そ、そうだったのかーーーっ!?」という衝撃を
いまいち味わえないスッキリしない後味でした。

「Xシリーズ」と呼ばれるシリーズもののようなので
噛んでいくうちに味が出てくるのをコッソリ期待したいです。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 森博嗣 講談社文庫 イナイ×イナイ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!