最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説]19

作者:入間人間柴村仁綾崎隼紅玉いづき橋本紡
レーベル:メディアワークス文庫 


5人の作家がつづる大人の一歩手前、「19歳」の物語。
どの話もハズレなしの好短編集でした。

1.「19歳だった」(入間人間
バカップルの描写には定評がある(と勝手に思っています)
入間人間さんの作品。ループものです。
何度も何度も繰り返される二十歳目前のクリスマス。
ループ脱出のために試行錯誤する主人公の心の支えは
「童貞卒業」。
清々しいまでの馬鹿馬鹿しさ!!

2.「XXXさんの場合」(柴村仁
とある大学生たちの人間関係。
男どもの道化っぷりに泣けてきました。

3.「向日葵ラプソディ」(綾崎隼
珍しく漢字四文字じゃないタイトル!
自分探しの旅に出た主人公が遭遇したのは、
大の男をアッパー一発で殴り倒すカツアゲ女だった!
これまた清々しいまでの王道展開でした。

4.「2Bの黒髪」(紅玉いづき
この短編集では一番のお気に入り。
主人公は浪人生。受験勉強をさぼって自作の巫女漫画を
ネットにアップする毎日。
表面的な感情の起伏は少なそうな主人公が内面にもつ
倦怠感、焦り、自分の作品やその読者への距離感、
自尊心、戸惑い。
それら一つ一つが「ああ、何かわかるわかる」と思えるものでした。
作中の巫女漫画、読めるものなら読んでみたい!

5.「十九になるわたしたちへ」(橋本紡
見栄っ張りな男どもにちょっとした親近感を感じます。
大人になるにつれて降りかかってくる「どうにもならないこと」。
そんな未来の不安に対するささやかな戦いの一歩。

「手」
「繋ごう」

素敵な青春物語でした!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: アニメ・コミック

タグ: メディアワークス文庫 19 入間人間 柴村仁 綾崎隼 紅玉いづき 橋本紡

コメント

No title

リレー小説の順番のお知らせです
自分のとこで大幅に進行を止めてしまい
このように遅れてしまいすみません

Re: No title

> シャモさん
お知らせありがとうございますm(_ _)m
謹んで続きを書かせていただきます!
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。