最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[科学]量子コンピュータとは何か

著者:George Johnson
翻訳:水谷淳
出版:早川書房


量子コンピュータとは何か?」

基本的な概念、
そしてもし実現するとしたらどのようなことにその威力を発揮するか?
実現の前に立ちはだかる障害は何か?
現在研究されているその対策とは?

そんなことを物理、アルゴリズムとちょっとした計算を
例に解説してくれる本です。

学生時代に量子力学の単位を落としたことがある私でも
どうにかギリギリついていける(と思いたい)レベルまで
かみくだいて説明がされているので
そんなに身構えなくても読むことが可能と思われます。

原子を使って0と1の状態を取り扱うことは
兎にも角にも「パラダイムシフト」って奴なんだな、ということは
ひしひしと伝わってきました。
「0と1、更に両方を併せもつ状態が同時に成り立つ」。
半端に物理をかじったことがある人間にとっては余計に
「!???」となってしまいそうな不可思議極まる原子の世界。
まさに魔法です。

『核融合』などと同様に実用化されるのはまだまだ先になりそうですが、
もし現実になったとしたら、パソコンだけではなく電子機器全体の世界が
大きく大きく変わりそうです。
夢が広がる一冊!!
スポンサーサイト

テーマ: コンピュータ
ジャンル: コンピュータ

タグ: 量子コンピュータ 早川書房

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!