最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]"文学少女"と恋する挿話集4

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


本編の過去と未来。
あんなキャラやこんなキャラの一面。

かゆいところまで手をが届き尽くされた短編集第4弾です。

一番のお気に入りは本編主人公・井上心葉の妹、舞花のエピソード。
「好きな人はいる?」
重度のブラコンであることを隠すため咄嗟に挙げた
女子評価低な少年の名前。
信じ込んで盛り上がる周囲。
後には引けず、周りに合わせているうちに、
いつしかその少年は本当に気になる存在になっていく。
少女が兄を卒業してほんの少し大人に近づく過程が
ほのかに伝わってきてもう、たまりませんでした。

その他、
ある意味作中最強キャラな"文学少女"見習いから心葉へのエール。
朴念仁と元ヤンデレ少女のニヤニヤな交流。
"天使"の再会。
"文学少女"と心葉の本当の気持ち。
まさかまさかの姫倉麻貴とあの人物の娘の物語。

どれもこれも本編を知っている人には
この上もないサービス満点な一冊でした。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 "文学少女"

コメント

こんにちは♪
こちらの文学少女の話は最近読書会を通じて知りました。
えっ!4巻まであるのですか……。
4巻はなかなか面白そうです~。
今私が読みたい本のトップリストに上がりました。
とりあえず、読まなきゃいけないモノを消化してからのデザートにします。(笑)

いつもkoyakさんの読書メーター楽しみにしております♪


ではでは

Re: タイトルなし

>愛知女子さん
4巻まであるのは"文学少女"シリーズの「番外編」になります。
この他に本編が8冊、その続編が3冊の計15冊が既刊です(^^;
そして春以降にシリーズ最終巻が出る・・・はず。
結構なボリュームですが、読んで損はないですよ~。
私のお気に入りは本編二冊目の「"文学少女"と飢え渇く幽霊」!
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!