最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]新三河物語(下)

作者:宮城谷昌光
レーベル:新潮文庫


時代は秀吉、そして家康の天下へ。

同時にそれは、武に生きた人間が必要とされなくなる時代の始まりであり、
彦左衛門の他人の目に映らない戦いの始まりでもありました。
前半の戦の濃密な描写に比べてほんの数行~数ページで片付けられた
関ヶ原と大阪の陣は、大久保一族の扱いの変化をも表してもいたように思えます。

隆慶一郎の「影武者徳川家康」では本田正信はぶっきらぼうながらも
徳川家のために全身全霊を尽くす頼りになる主人公の盟友、という
印象でしたが、この物語では徹底的に「恩知らずな嫌な奴」。
主人公の立場の違いが当然最も大きいのでしょうが、
本田正信・正純親子の扱いも個人的には興味深いものがありました。

全国統一後に武功派が容赦なく淘汰されてしまうのは
どこの国も変わらないのですね。
それでも最後に小さく希望が見える終わり方だったので
読後感は比較的すっきり爽やかでした。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 歴史小説 宮城谷昌光 新潮文庫 新三河物語

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!