最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]本当の戦争の話をしよう

作者:ティム・オブライエン
訳:村上春樹
レーベル:文春文庫


「戦争はよくない!」と声高に叫ぶことがひどく空虚なものに
思えてきてしまう一冊。

「オブライエンはもちろん、戦争を憎んでいる。でもこれはいわゆる反戦小説ではない(訳者あとがき)」
まさにその通りな作品でした。

この本に収録されているのはベトナム戦争とそこに参加した米軍の一部隊
アルファ中隊」の面々を中心にした短編22本。
その中でも「ソン・チャボンの恋人」のインパクトは異様。
彼氏の見舞いに長期休暇を利用して戦場へとやってきたごく普通の女の子。
彼女はいつの間にか部隊に、グリーンベレーに、森に、戦争にとけ込んでいき、人ならざる存在へとかわっていく。

「狂気」というもののお手本のような一編でした。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ティム・オブライエン 村上春樹 文春文庫 本当の戦争の話をしよう

コメント

No title

koyakさん、こんにちは♪
こちら村上春樹の翻訳なのですね!
その後女の子がどうなって行くのか気になりますー。

Re: No title

>愛知女子さん
こんにちは。
映像化したらお子様には見せられないものになる光景が
ちらっと後日談程度に出てきますが、その後はもう誰にもわからない、という
結末になっています。。。
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!