最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]アクセル・ワールド8 運命の連星

作者:川原礫
イラスト:HIMA
レーベル:電撃文庫


今巻を読まれた方の多くはこう思われたことでしょう。
「また次回に続くんかい!?」

ダークサイドに堕ちかけた親友の救出、
チートな敵キャラが徘徊する難攻不落のダンジョンからの脱出劇など
終盤までずっと往年の週刊少年ジャンプの漫画のような、
友情に溢れる熱い展開が続いていたのに
最後の場面でものの見事に引っくり返されました。

9巻では今度こそきっちりこのエピソードを完結させてくれるのか?
楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 川原礫 HIMA アクセル・ワールド

コメント

koyakさん、こんにちは。
200文字小説とは楽しそうです。
私はこの中の「だから、その中にほんっの少しだけ
空以外から落ちてきたものが混じっている奴がいたとしても、誰も気づきはしないだろう。」
この部分でキュンと来ましたよ。
こんな想いをする経験って。
一体どんな時なんだろう…。自分に置き換えて色々思い出してしまいました。(笑)
しかし、激しいほどの雨を身にうけて洗い流すのも見方を変えれば風流だな、とも感じました。


私なんかが感想を書いてしまい、すみません。
ではでは、失礼致しました。

Re: タイトルなし

>愛知女子さん
コメントありがとうございます!
こちら「レイニーデイ」へのコメント、ということでよろしいでしょうか?

私の駄文には勿体ないくらいに有り難いお言葉、感謝感激です。
風流…成程~!そういう見方もあるのですね!
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!