最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[映画]HOSTEL

監督:イーライ・ロス
製作国:アメリカ合衆国
日本公開:2006年10月28日


怖かった!

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』という本で紹介されていたホラー映画の一つ。
怖いもの見たさで観てしまいました。

欧州各国、そして東欧とイケナイ遊びをしながら旅を続ける三人の青年。
旅の中で彼らは「女と"楽しいこと"をやりまくれるホステルがあるらしい」という噂を聞き、
スロバキアの田舎町にあるそのホステルへとやってきます。

しかし、彼らを待ち受けていたのは、とある秘密クラブによる"拷問"でした。

拷問の描写がもう凄絶過ぎてあと一歩でギャグになるレベルです。
被害者の中には旅行中だったという設定の日本人女性も含まれていたのですが、
人間がもう、完全に「肉の塊」として扱われており
耐性がない方にとってはただただ気分が悪くなるものでしかないでしょう。

遊び歩いているだけの放蕩青年でロクに知識もない主人公が
指を切り落とされた状態で逃げ回り、脱出して更に復讐までしてそのまま逃亡、という
展開には若干の無理を感じましたが描かれるシチュエーション事態が
それを遥かに上回る不条理具合だったため然程気にはなりませんでした。

お子様と一緒には間違っても観てはいけない作品です。
スポンサーサイト

テーマ: ホラー映画
ジャンル: 映画

タグ: 映画 ホラー HOSTEL 荒木飛呂彦 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!