最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]"夕顔" ヒカルが地球にいたころ……2

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


面白かった!!

源氏物語と花をネタに紡がれる物語第2巻。

今度のヒロインは"夕顔"こと奏井夕雨。
儚げな引きこもり少女です。

ラストの"ヒカルが見せたかったもの"の所まで駆け抜けるシーンの美しさには
グッとくるものがありました。
別れ際の笑い上戸宣言は彼女なりの是光へのアピールでしょうか。
そのうち復活してくれることを祈りたいです。

今回のシリーズは"文学少女"と同種な匂いのする展開の上に
情に篤い愛すべき直情バカ・是光と彼にとりつく貴公子な幽霊(?)ヒカルが
半ば強引に事態を切り拓いていくという要素が合わさり、
何とも吸引力の強いお話となっております。
そして源氏物語のヒロインたちの名を冠する少女たちや
何だかんだ言いつつ是光を応援する、恐らく源氏物語の作者、紫式部が
モデルと思われる少女・式部夏帆が物語と是光にどう絡んでいくか、
源氏物語の展開と比べつつ想像するのが何とも楽しいです。

第二巻では女性キャラだけじゃなく頭条(名前からしてモデルは頭中将?)という、
冷酷な貴族様の仮面の下に"文学少女"の芥川ばりの誠実な朴訥さと
兄バカぶりを隠し持つ男が登場し、こちらの関わり方も楽しみです。

最後にはちゃっかり式部と前巻のヒロイン"葵"が爆弾を投下していき、
作者曰く「平安最強ロリッ子」こと"若紫"が次巻予告に登場したのも相まって、
三巻へのワクワク感もうなぎ上りです!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 夕顔 ヒカルが地球にいたころ……

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!