最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[映画]とある飛空士への追憶

原作:犬村小六
制作:マッドハウス


原作にかなり忠実な内容でした。

戦争状態にある二つの国。レヴァーム皇国と天ツ上。
その両方の国の人間の血を引く「ベスタド」であり
レヴァーム皇国社会の最下層出身の青年、シャルルは
姫を乗せて敵が警戒する海域をくぐり抜け、本国へと送り届ける任務を
命じられるところから物語は始まります。

終盤のイスマエルターンも含めて原作のイメージと比べても違和感なく、
逆に「成程。絵にして動かすとこうなるのか」と感心してしまうほどでした。
反対に原作を知る人間としては半ばネタバレ済みの状態で観ることになるため
度肝を抜かれる、ということはありませんでしたが
非常に満足度の高い内容だったように思えます。

ただ、心配なのはまだ公開二週目なのに自分が入った映画館では非常に客が少なかったこと。日中なのに100人ほど入る劇場に20人弱しか入っていませんでした(汗)
どうか最終的には黒字になっていますように!
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想
ジャンル: 映画

タグ: 映画 とある飛空士への追憶 犬村小六 マッドハウス

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!