最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]頭のうちどころが悪かった熊の話

作者:安東みきえ
レーベル:新潮文庫


 タイトルに惹かれて購入。
 確かに「大人の寓話集」な一冊です。

 頭のうちどころが悪かった熊が記憶と愛を取り戻し、
 食物連鎖の果てに頂上と底辺が感動的(?)な再会(?)を果たし、
 蛇の親子が家族の絆を取り戻し、
 勘違い屋なカラスが種を超えた友情と出会い、
 おたまじゃくしが長旅の末に本当の自分を発見し、
 哲学する鹿が「意味」というものの意味を見出して、
 頭のうちどころが悪かった熊の親友が文字通りに月とお散歩。

 人間の言葉を話すのに行動パターンはやっぱりケモノな彼ら(?)の言動に大いにほのぼのさせていただきました。 
 しかし解釈によっては不条理な空恐ろしさも感じてしまったり。
 ページ数は短いですが、読み応えのある作品でした!

 
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 寓話 安東みきえ 新潮文庫 頭のうちどころが悪かった熊の話

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!