最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]羊たちの沈黙

作者:トマス・ハリス
邦訳:菊池光
レーベル:新潮文庫


 今更ながら読んでみました。面白かった!

 尋常じゃない洞察力をもつ精神異常者・レクター博士のぶっ飛び振りが際立っておりました。中盤の脱獄シーンには絶句絶句また絶句。そんな博士に多少食われちゃってますが、中心となる事件の真犯人がもつ趣味嗜好、その過去、事件の解決へと繋がる"蛾"の使われ方。どれも狂いきってます。そんな中、見習い捜査官・スターリングが徐々にその有能さを周囲に認められつつ葛藤を繰り返しながら真相に迫っていく姿は心ひかれるものがありました。

 その他にも彼女を認め、支え、見守るようになっていくクローフォド、詳細なことは殆ど何も聞かされていないのにごく自然にさりげなくスターリングの日常を支えてくれるルームメイトのアーディリアなどなど、脇役陣も一癖二癖ある面白い人物ばかり。
 恐ろしく、かつ惹きこまれる引力をもつ作品でした。続編も出ているそうで。是非読んでみたい!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 羊たちの沈黙 トマス・ハリス 菊池光 新潮文庫

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!