最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[CD]バイバイ、ブラックワールド

作詞作曲:millstones
イラスト:2e


 どこかお洒落で小気味良い音が素敵なmillstonesさん2枚目のアルバム。
 初音ミクなど、話題のVOCALOIDを使用しておりますが、インスト単品でも、むしろインスト部分の方が魅力的に思えます。

Tr.1 「Something Experimental」
 リズムに合わせて体を揺らしたくなります。
 PVやCMのBGMとして合いそうなインスト曲。

Tr.2 「Program "Avalon"」
 退廃的な近未来都市っぽいイメージのトランス曲。トランスなだけに、長いです。
 耳に刺さるような重低音が印象的。

Tr.3 「Precasted World」
 落ち着いた雰囲気。コーヒータイムと洒落こみたくなる一曲。
 RPGなら都会的な街。AVGなら日常パートに合いそうです。

Tr.4 「マルグリットの憂鬱」
 童話の世界が幕を開けるような世界観。ところどころ挟まれる重厚な弦楽器&吹奏楽器(?)の音に惹きこまれます。

Tr.5 「わがままキャンパス」
 他の曲よりも初音ミクの歌声が前面に出されているように思えます。
 ゆったり散歩でも楽しんでみようかという気になる和やかな(でもどこか一抹の寂しさも感じる)一曲。

Tr.6 「Beanstalk Blueprint」
 幕間。そんなイメージ。STGのステージセレクト場面のようなイントロから始まり、空を突き進むかのような疾空感に満ちた爽快な歌です。

Tr.7 「Progress Engine」
 "ジュリアナ東京"、"ボディコン"といったキーワードが思い浮かんだ自分はもう歳なのかもしれません。
 これまた踊り出したくなるディスコ曲(?)。

Tr.8 「キップル・インダストリー」
 中毒性高し。アップテンポなメロディーとキレのいい重低音。VOCALOID特有の声色がよく合っています。
 「足りない者は何ですか?」から始まるサビ部分に何だかグッとくるものを感じます。耳に残りやすい一曲。

Tr.9 「始まりの刻」
 ファンタジー世界の壮大な戦記物語が始まりそうなオーケストラ風の調べが熱いです。
 ところどころTr.11の「カガリビト」のモチーフと思われる展開が入るあたりがにくい演出!

Tr.10「エリネルングの記録者」
 神秘的。深遠なる世界の秘密が開示されそうな厳かで、無機質。なのにドラマチックなイントロ。そして切なさ寂しさ、終わりが近づいていることを予感させられる歌が素敵です。

Tr.11「カガリビト」
 何やら色々と設定が詰め込まれていそうな雰囲気を醸し出す一曲です。ニコニコ動画上で何度も聴いている曲ですが何度聴いてもやっぱり素敵。淡々としているようでもあり、起伏に富んでいるようでもある構成にメロメロです。

Tr.12「風の舞う谷」
 風は風でも西部劇に出てくるような荒れ果てた荒野の中の一風景というイメージ。グランドキャニオンみたいな。口笛を吹いてみたくなります。

Tr.13「End at any moment」
 うって変わってガンダムの主題歌などに合いそうなサイバー感溢れる一曲です。
 バックで刻まれる重低音がちょっと「サガフロンティア」というゲームのボス戦を彷彿とさせられます。

Tr.14「転帰予報」
 アクションゲームのEDに合いそう。明るめでどこかカタルシスを感じます。
 millstones節炸裂! な素敵テクノ。

Tr.15「モノクローム・レインボウ」
 思わずリズムに合わせて指を鳴らしたり手を打ったりしてみたくなります。
 しっとりとしているのノリがいい。アルバムの終盤に置かれるだけあってED風な雰囲気です。

Tr.16「バイバイ、ブラックワールド
 標題曲。曲名の通り「バイバイ」をするようなイメージ。
 舞台から役者たちが次々と挨拶しつつ舞台裏へと退場していく絵が思い浮かびます。


 全曲ハズレなしな良アルバムでした。満足!
 
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽
ジャンル: 音楽

タグ: 同人 音楽 millstones バイバイ、ブラックワールド VOCALOID

コメント

長文ですみません。

いきなり批判ですみません。


16.「バイバイ、ブラックワールド」

>舞台から役者たちが次々と挨拶しつつ舞台裏へと退場していく絵が思い浮かびます。



<<役者たちが>> <<退場していく>><<絵>>ですが、頭の中に映像が浮かんだというだけなら結構ですが、『舞台から役者たちが次々と挨拶しつつ舞台裏へと退場していく』という解釈ならば、違うと思います。

これは物語の主人公は死ぬのだとおもいます。正確には死ぬのではなく消える,あるいはFusion,融合,溶解,。結局は「死ぬ」に近い状態。

勝利,幸せのために、不幸や不安からの解放のために、希望のために存在した主人公は、役目が終わって消える、その時のシーンと思われます。
主人公はもともと役目があって生まれたのだと、本人もそのことに気付いているから、役目を達成しつつあり、徐々に残りの時間が減っていることに気付いている。役目を終える=タイムリミット


主人公は、歩き出し,努力,した結果、消えることになる、初めからそのために生まれたという話で間違いないと思います。

主人公は初めから「意識」というもので「形」がない存在と思われます。

「君にこの言葉を伝えることが出来るのかな」の「この言葉」が何だったのかわかりませんが、何かの答えか、感謝、あるいは単に感想かもしれませんね。「声ももう届かない」とあるので伝えることは出来なかった可能性が高いですが・・・。

「君」というのは一緒に存在した相手のことです。
「一緒に存在できたならまた笑顔で会いましょう」と消え際(死に際)に言ったわけですが、また会うことは不可能ですね。


トラック16の「バイバイ、ブラックワールド」はすごい形でのハッピーエンドですよね。

Re: 長文ですみません。

>volvoxさん

コメント&深い考察を教えて下さり、ありがとうございます。
「バイバイ、ブラックワールド」を聴きながらこの文を書いております。
改めて聴くと、また印象が変わってきますね。

>頭の中に映像が浮かんだというだけなら結構ですが
正にその通りです(^^;
私が音楽を聴くときは、歌も音の一つとして頭の中に流しているので
(作詞をした人にも作曲をした人にも歌っている人にももしかすると失礼な話かもしれませんが、どうかどうかご容赦を)、
歌詞をちゃんと聴きこんでいればわかるようなことも理解できていないときがあります。
お恥ずかしい限りです。
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!